コーティング

キーパーコーティングって評判いいの?元・コーティングマンが解説。

男性
男性
キーパーコーティングって最近よく聞くけどいったいどういうものなんですか?
少しは興味があるんだけど名前だけでコーティングの性能とかも分からないし、お店に言って聞くのも聞きにくいし・・・。

koto
koto
確かにキーパーって最近よくCMとかでも流れてて名前を聞く頻度が増えたと思います!
でも言われてる様に「キーパー」という名前だけが先行してこのキーパーコーティングの性能等を知ってる方はかなり少ないのが現状です。笑

なので今回はキーパーの評判をもとにして、元コーティングマンの視点から詳しく解説していこうと思います。

キーパーコーティングの評判は?

早速ですが、まずはネットにあるキーパーコーティングでの評価を抜粋して書いていこうと思います!

ネガティブの意見

【再レビュー】(2019/01/18)

施工1ヵ月くらいから弾かなくなり、イオンデポジットも付着しだしました。

あまりお勧めできません。

一応もう愛車に施工したからには、3年間はこちらで洗車メンテナンスはしますが、その後は他で親水仕様での再コーティングしようと思います。

洗車するにしても予約が必要で、気軽に『ちょっと洗車して~~』みたいな感じでは立ち寄れません。

・・・・・かなりガッカリです。

引用:みんカラ レビュー

 

前回、ステップワゴンの時は満足の仕上がりでしたが、今回は虫のシミも取れてないし、ウオータースポット閉じ込めたままコーティングしてるし。担当によるのかな。

指摘すると58600円の鏡面研磨しないとと言われました。
あのー納車してまだ2週間なんですが。シミは爪で取れました。

次は店舗を変えてみます。

→再施工の流れとなりました。

その後、再施工はしない話に勝手になりました。

引用:みんカラ レビュー

 

他の車種と同じようにダイヤモンドキーパーを施工しました。

コーティングとしては満足している訳では無いですが、ディーラーコーティングよりマシだしメンテナンス、無料洗車がついてくるのは良いと思います。

コーティングの艶は新車だからか、変化は分かりませんでした(^^;

引用:みんカラ レビュー

大体一通り見た限りネガティブな意見はそこまで無く、キーパーコーティングそのものにネガティブな内容ではなく、悪い意見はどちらかというと施行店に対するレビューが多かったです。

ポジティブの意見

続いてはポジティブの意見を一部抜粋して書いて行きます。
正直、ポジティブはかなり意見が多く、全部のレビュー平均が5点満点中4.6点あります。
※ダイヤモンドキーパーレビュー

新車の納車後すぐに施工してもらいました。
雨染みのウォータースポットに強いダイヤモンドキーパーです。
スバルのディーラーコーティング(おそらくウルトラグラスコーティングNEO)は頻繁に洗車できる人でないと雨染みを防ぐのがかなり困難です。
過去、スバルのガラスコーティングをしていたことがありますが、メンテが大変過ぎるだけでなく、すぐ雨染みができてしまうのでこりごりでした。
その点、ダイヤモンドキーパーはガラスコーティングの上にレジン被膜を重ねてつけてくれるので雨染みができにくいです。
ノーメンテでも3年、年1回のメンテで5年間、ガラスコートが維持できます。

引用:みんカラ レビュー

 

いつものキーパーLaboでダイヤモンドキーパーを施工しました。

クリスタルキーパー+軽研磨のつもりでしたが、軽研磨付帯のダイヤモンドキーパーを薦められました。

パールでは仕上がり具合が分かり難い…

気になっていた傷やシミが目立たなくなったので、良しとします。

引用:みんカラ レビュー

 

ダイヤモンドキーパーを施工して1年が経ったので、コーティングのメンテナンスをしてきました。

最初に施工してから2、3か月の撥水はすごく良かったのですが、半年経過頃からボンネット・ルーフの撥水性能が低下。
1年経過後もドア等の側面の撥水はソコソコ維持していました。
青空駐車、カーポート、車庫などの環境で持続加減は変わるのかな?

ポツポツと少しだけ雨に降られて乾いた後の点々とした汚れは、ホースからブシャーっと強めの水圧で水を掛ければ落ちるので、汚れの落ちやすさは良いと思います。

昨年11月に一度、ボンネットに付いた鉄粉を粘土で除去したのですが、粘土使用直前よりも撥水性能が明らかに低下したので、鉄粉取り用の粘土はあまりお勧めできないです。

今日、標準のメンテナンスをしてもらったので撥水性能が復活したと思います。

ツヤは、ボディカラーが白なので他のコーティングと比べにくいですが、普通にテロッテロに輝いています。

全体的には満足ですが、撥水効果の持続力の点で☆1個マイナス。

いかがでしょうか?
ポジティブの一部抜粋ですが、かなり満足されている方が多いです。
これをふまえて、次は一般の方ではなく元・コーティングマンとしての視点でキーパーコーティングを解説していこうと行こうと思います。

元コーティングマンの視点でキーパーコーティングを徹底評価!

では上記の評判を基に実際にはどうなのか?というのを深堀りしていこうと思います。

良い点

  • ディーラーコーティングよりも質がよく、値段は安い
  • ガラスコーティングの中でも皮膜は厚い
  • ガラスコーティングの弱点である水シミが付きやすいという問題を克服
  • メンテナンス剤はなく、自分でこまめにメンテナンスする必要がない
  • 撥水力が凄まじい

まずはキーパーコーティングのいい点になりますが、まず第一に新車で買う場合はディーラーさんでコーティングするか迷うと思います。

キーパーコーティングはディーラーのコーティングよりも比較的安価で、性能自体はかなり良いです。
そしてディーラーの場合はメンテナンスを自分で1ヶ月〜2ヶ月に一回くらい行わないといけません。
地味にこれがかなりめんどくさいです。笑

キーパーコーティングの場合は、基本的にノーメンテナンスなので自分でメンテナンスをしなくても大丈夫です。

次にキーパーコーティングは皮膜が厚く(他社ガラスコーティングの約50倍)それに加えガラスコーティングの弱点と言われる、水シミが付きやすいという欠点を克服しています。

そしてキーパーコーティングのほとんどは撥水性なのですが、クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパー、ダブルダイヤモンドキーパーに至っては、強撥水で見ていて気持ちいいくらい水を弾いてくれます。

koto
koto
ディーラーさんでコーティングをするくらいならキーパーコーティングの方を施行されるのをおすすめします。

悪い点

では次に悪い点になります。
読者の方はここが一番気になるのではないでしょうか?笑
では実際に悪い点をまとめていきます。

  • ほとんど撥水性しか無いため、黒や、赤、青といった俗にいう濃色車にはあまりおすすめできない
  • ノーメンテナンスのコーティングだが、メンテナンスをしていかないとコーティングの皮膜を維持できない(どのコーティングも同じ)
  • キーパーコーティング施行店毎に技術や熱意の差が大きすぎる
  • ガラスコーティングと謳っているが、厳密に言うとガラス「系」コーティング

自分の中での悪い点をまとめるとこんな感じになります。
では解説をしていきます。

まずは、濃色車には基本的には向かないという事です。

これは撥水が強すぎるが上におこりえるのですが、小雨等が降った場合にボディに水玉の状態で水が残ってしまいます。
この水玉が、太陽の光を吸収してレンズの変わりになり、濃色車の場合はあっという間にイオンデポジットになってしまいます。
その為、濃色車で屋根無し駐車をされてる方なんかは特に速攻でイオンデポジットが付着してしまいます・・・。

なので濃色車の場合は、疎水性か親水性のコーティングを施行されるのがいいかと個人的には思います。

次にノーメンテナンスだけど、メンテナンスをしないといけないという理由ですが

どのコーティングもある程度の頻度(半年に一度位)でメンテナンスをしないとコーティングの皮膜をいい状態でキープできません。

これには理由があり、どんなに良いコーティングでも、汚れが少しずつ蓄積してくるからです。
メンテナンスという役割がこの蓄積してきている洗車では落とせない汚れを除去し、皮膜を整える作業の事をいいます。

※このメンテナンスは上記の様にキーパーコーティングに限った話ではないです。

次はキーパー施行店毎に技術や熱意の差が大きすぎる話です。

これは特に重大だと思いますが、本当に施行店毎(特にガソリンスタンド)で技術や熱意の差がとてつもなく大きいです。

その為、店選びはかなり重要になってきます。
店によってはキーパーコーティング自体にそんなに力を入れていなくて、なおかつ施行人もうまくはない。。。というお店もざらにあるのが現状です。

こういったお店で施行してしまうと、キーパーコーティングの良さも全く引き出せないですし、お互い嫌な気持ちで終わってしまいます。

またお店選びについては、洗車ブースがあるお店に持って行くのが無難かと思います。
洗車ブースを建てるのにそれなりにお金がかかる為、洗車に力を入れている店舗じゃないとまず建てれません。

その為、キーパーコーティングをして欲しいけど施行する店舗がどこがいいか分からないという場合はこの洗車ブースを目安にされるのがいいと思います。

最後にガラスコーティングでは無くガラス「系」コーティングという話ですが、これはガラス成分が100%ではなく、その他の成分が入っているコーティングになります。

イメージはガラスコーティングは性能もトップだけど施行が難しく設備が必要。
ガラス系コーティングは性能も物によっては良く、施行もある程度しやすい。

ただガラス系コーティングの中ではかなりトップクラスで性能がいいのはこのキーパーコーティングといっても良いくらいです。
ですがどうしても本家のガラスコーティングと比べると性能は劣ってきます。

koto
koto
このガラスコーティングとガラス系コーティングの違いについては別記事で詳しくまとめてあるので気になる方はそちらもご覧下さい。

結局キーパーコーティングは施行するべき?

では上記の事をふまえて、プロ視点から見て、キーパーコーティングを施行するべきなのかどうか?というのを解説していこうと思います。

施行するのは車の色や予算次第

個人的にキーパーコーティングはとてもいいコーティングと思っています。

ですが、上記にも書いた様に、施行店によっては仕上がりがとても悪かったり、車の色によってはあまり相性が良くなかったりします。

その為、少しパターンを分けて解説していこうと思います。

淡色車の場合

まずはじめに淡色車(白、シルバー等)の場合ですが、キーパーコーティングはかなりおすすめです。

理由は色がそこまで光を吸収しにくい為、元々なにもしなくてもイオンデポジットが付きにくいです。
その為、強撥水のキーパーコーティングをしても問題はなく、汚れ等も付きにくくなるので相性はかなりいいです。

濃色車の場合

濃色車(黒、赤、青等)は正直いってあまりおすすめできません。

理由は上記にも書いていますが、弾いた水がレンズの変わりになりイオンデポジットがとても付きやすくなってしますからです。
正直、いくらキーパーコーティングでイオンデポジットが付きにくいコーティングと言えど、濃色車で屋外駐車の場合は1〜2ヶ月でイオンデポジットがかなり付着してしまうと思います。

もし屋根がある場合は濃色車でも施行されてもいいとは思いますが、屋根無しの場合は疎水性や親水性のコーティングを施行させるのをおすすめします。

予算の状況により変わる

予算にかなり余裕のある場合は、上記で出てきた、ガラスコーティングを施行されるのをおすすめします。
値段は15万円〜だったりするので、かなり高価ではありますが、その分効果は凄まじいのでコーティング専門店を探してガラスコーティングをしてもらいましょう。

予算があまり余裕がない又はあまりコーティングにお金を使いたくないと言う方は、ご自分で溶剤を買い施行するか、一年耐久のクリスタルキーパーを施行されるのをおすすめします。

まとめ

最後にまとめですが、キーパーコーティングは良い意見がとても多く、全体の9割以上を占めています。

ですが実際にプロ目線で見てみると、ケースバイケースが多いです。

確かにキーパーコーティングは良いコーティングですが、「レビューがいいからキーパーコーティングを施工しよう!」
ではなくきちんと自分の車を駐車する環境や、車のボディ色と相談し、どういったコーティングを施工するのか?

を決めた方が後々、愛車のキレイをより長く保てるはずです。

koto
koto
簡単なイメージは淡色車の方は本当にキーパーコーティングはおすすめですが、濃色車の方はキーパーコーティング要注意といった感じです。

今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
また書いてほしい記事や、記事の感想等はツイッターをしていますのでそちらから気軽に下さい!
フォローも是非お願い致します!

Follow @kotoblog191

ABOUT ME
koto
元・超激務コーティング店副店長。(多い月でコーティング売上400万円) 現在は洗車ブログ運営等のWEBマーケティングをメインに活動。 今まで培ってきた知識を元に、主に洗車やコーティングについて書いていきます。 アニメ、ゲーム好きのポンコツでジョジョのブローノ・ブチャラティ激推し。 『黄金のような【夢】にかけよう』 Twitterもやっているので、是非フォローもよろしくお願いします!