洗車

ガソリンスタンドの洗車機の料金は?各スタンドのメニューや料金を比較してみた!

女性
女性
ガソリンスタンドの洗車機で洗車をしたいのですが、各スタンド毎にメニューや料金って違うのでしょうか?
koto
koto
なるほど!確かにそれは色んなスタンドを回ってみないとわからないですよね。

それでは今回のガソリンスタンドの洗車機がスタンド毎にメニューや料金が違うのかをメインで書いていきます。

ガソリンスタンドの洗車機のメニューや料金を徹底比較!

では実際にいくつかのガソリンスタンドの洗車機のメニューや料金を掲載して比較していこうと思います。

また同じメーカーの洗車機でも店舗ごとに値段やコースの名前が結構違ったりしますのでよく見る名前のコースを目安に書いていきますのでご了承ください。

※今回はセルフ洗車機の価格をメインで書いてます。

エネオス

koto
koto
最初は日本で一番多いエネオスの洗車機から解説していこうと思います。
多分読者の方もエネオスの洗車機を使われてる方は多いのではないでしょうか?

ちなみにエネオスとシェルは同じ洗車機を使ってる場合が多いため、今回ではシェル石油さんは省かせていただきました。

また上記でも書いていますが、エネオス系列は特に店舗が多いため、普段行っている店舗やこれから行く店舗と違うかもしれませんがご了承ください。

 

シャンプー洗車

〇価格 300円

〇特徴
値段が安く、さっと洗いたいときに洗える為、コストパフォーマンスがいい。

またオプションで高圧ジェットをつけると洗車キズも入りにくくなります。

撥水洗車

〇価格500円

〇特徴
続いては撥水洗車です。
撥水洗車はワックスの液体版と思ってもらえれば大丈夫です。

その為、そこまで撥水はしないですし、効果も持って1週間くらいになります。

超撥水洗車

〇価格800円

〇特徴

超撥水洗車は上記の撥水洗車を少し強くしたバージョンです。
また撥水洗車では一回しか撥水液をかけませんが、超撥水になってくると2回かけてくれるパターンが多いため、良く水を弾きます。
また持ちも多少はよくなり、2週間前後くらいは持ってくれます。
ですがまだ成分はワックスになります。

Gプロテクト

〇価格 1500円

〇特徴
次は一気に値段が上がり、Gプロテクトの紹介です。
Gプロテクトは上記のコースと違いポリマーコーティングになります。

ポリマーコーティングの特徴はポリマーがキズに入り込み、キズが視覚的に見えにくくなるといった性質があります。

なので普通のワックスコースをするよりはキレイになります。
そしてポリマーは基本的に有機質になるので雨シミにも強くなります。

 

koto
koto
ただ、コーティングと言っても洗車機だけできちんと定着してるのか?と個人的には思います。笑

ビーナスガード

〇値段 1800円

〇特徴

「時間をかけずにプロの仕上がり!しっとり&つるつる感が長期間持続!」

一応これがビーナスガードの売り文句になります。

実際の性能になりますが『樹脂工マルジュン』『特殊シリコンオイル』と呼ばれる成分を合わせることで皮膜を作り、光沢濃度UPや高耐久を実現しているそうです。

またムラが出にくい性質でビーナスガード後にタオルで軽く拭いてあげるだけで大丈夫です。

個人的には洗車機で1800円はかなり躊躇しますが、月に一回くらいするならコスパ的にはいいかな?と思います。

オプション

続いてはオプションメニューになります。

  • 高圧ジェット 200円
    洗車前に高圧ジェットで大きな汚れを飛ばしてくれます。
    個人的には洗車機時には絶対に付けたいオプションです。
  • 下回り洗浄  200円
    あまり普段洗えない下回りを洗ってくれるコースになります。
    特に冬場に撒かれる凍結防止剤は下回りにダメージを与えますので、冬場は必須級のコースになります。
  • ホイール洗浄 200円
    ホイール洗浄は自分でホイールが洗うのがめんどくさい人にはお勧めのコースです。
  • 泡洗車    200円
    泡コースは洗車機で洗う前に泡をたくさんかけて洗ってくれるオプションです。
    これをすることにより、泡で汚れが浮きやすくなるのと洗う際の摩擦を軽減してくれるのでキズが入りにくくなる効果があります。

コスモ石油

koto
koto
続いてはコスモ石油さんの洗車機について書いていこうと思います。

エクスプレスシャンプー

〇価格 300円

〇特徴
コスモ石油さんのシャンプー洗車はエクスプレスシャンプーと名前がついています。

ですがエネオスなどの洗車機でいう『シャンプー洗車』とほぼ変わらない為、普通のシャンプー洗車と思ってもらって大丈夫です。

エクスプレスワックス

〇価格 500円

〇特徴
続いてはエクスプレスワックスになります。

こちらも上記のエクスプレスシャンプーと同じで名前は少し違いますが、ワックス洗車と思ってもらって大丈夫です。

泡ジェットコーティング

〇価格 1000円

〇特徴
続いては泡ジェットコーティングになります。

泡のオプション+コーティングのコースになります。
コーティングという名前ですが、他のスタンドのコーティングコースと比べて安いのが特徴です。

またコスモ石油さんでは基本的にこの泡ジェットコーティングというのが一番上のコースなようです。
※店舗によってはあるかもですが。

値段的にはポリマーコーティングと思いますが、1000円で泡のオプションがついてこの値段ならかなりコストパフォーマンスがいいかなと思いました。

オプション

続いてはオプションコースの解説をしたいと思います。

  • 光沢ポリマー 400円
    こちらはポリマーコーティングを追加で上乗せできるというオプションになります。
    正直あまり見ないのでかなり珍しいかなと思います。また一番高い泡ジェットコーティングに追加しても1400円なのでエネオスのビーナスガードよりも安く済みます。
  • 下回り洗浄 100円
    下回り洗浄はエネオスの洗車機より100円も安く、かなり使いやすいかなと思います。
    特にこの冬場の時期だとかなり助かりますよね。
  • ホイール洗浄 200円
    こちらはエネオスのものと変わりません。

まとめ

ここまでガソリンスタンドの値段を書いてきましたが、あまり洗車に興味のない人からしたらめちゃめちゃ高い!と思われたと思います。笑
実際に僕自身も洗車機の値段たけぇー(特にワックスから上のコース)って思います。笑

ですがガソリンスタンドによっては、曜日毎や長期連休の時は一律500円だったりオールコース半額などのイベントをしているので、そこを狙っていくのもアリだと思います。

また今回はエネオスとコスモ石油で比較しましたが、
『質』を求めるならエネオスの洗車機。
『安さ』を求めるならコスモ石油。

といった感じです。

ただあくまで僕の意見なので、個人の好き嫌いにもよります。

なので家の近くにエネオスやコスモがあるけどまだ洗車機を使ったことない方がいらっしゃいましたら是非一度試してみるのもいいですよ(‘ω’)

今回の記事は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

洗車やコーティングでわからないことがあればお気軽にメールやツイッターでのメッセージをお待ちしております(^^♪

ABOUT ME
koto
元・激務のコーティング店副店長。 コーティングを愛し、コーティングに愛された男。笑 自分が今まで経験してきたことを紹介しようと思ってブログ始めました('Д') 主に洗車の知識をメインに書いて行こうと思いますので是非よろしくお願いします! またツイッターもしていますので是非フォローしてください(..) アニメやゲームが好きで特にジョジョは大好きです。 黄金のような[夢]にかけよう 基本ポンコツですがよろしくお願いします('ω')