サイトマップ
コーティング

EXキーパーコーティングの評判は?元・コーティングマンが解説。

男性
男性

最近新しく出た、【EXキーパーコーティング】というのが気になるのですが、どのようなコーティングなんでしょうか?
名前だけでもかなり凄そうな気がしまけど。笑

koto
koto

最近特に人気と知名度が上がってきたキーパー技研さんの最上位のコーティングである【ダブルダイヤモンドキーパー】の上を行くコーティングというニュアンスで大丈夫です。
そうなってくると実際の【性能】【値段】等が気になってくると思います。

なので今回はこのEXキーパーについて元コーティングマン視点から説明していこうと思います。

EXキーパーコーティングとは?

では本題です。

まず初めに注意事項ですが、EXキーパーコーティングですが、一般の方向けに施工開始されたのは今年(2020年)の4月1日からになるのでそこまで情報は出回っていません。

その為、今現在で公開されている情報を元に記事を書いていきますのでご了承ください。

上記で書いている通り、今までのキーパーコーティングでは、最上位となるコーティングは【ダブルダイヤモンドキーパー】でした。
※厳密に言うとダブルダイヤモンドキーパープレミアムなのですが、ボディのコーティングのみで言うとダブルダイヤモンドキーパーになります。

ですが、今回キーパー技研さんより、このダブルダイヤモンドキーパーを超えるコーティングが開発されました!
それがこの『EXキーパーコーティング』になります。

ダブルダイヤモンドキーパーの時点でも、とても人気のコーティングになっていたのでこのコーティングは気になる方がとても多いと思います。

前置きが長くなりましたが、ここから詳しく書いていきます。

性能・特徴

ではまず気になるのが、EXキーパーコーティングの性能だと思います。

ですのでざっくりとEXキーパーコーティングの性能や特徴を書いていきます。

  • 過剰なまでの独特なツヤ。未経験の強撥水
  • 6年耐久 ※2年に一度メンテナンス施工時
  • ノーメンテナンスで3年耐久
  • 下地であるガラス皮膜自体も撥水性能があり、水シミに強くなっている

ざっくり書くとこんな感じになります。

まず、私自身が気になったのは、『下地であるガラス皮膜自体も撥水性能もあり、水シミに強くなっている』という点です。

これを深掘りすると、元祖最上位コーティングである『ダブルダイヤモンドキーパー』ですが、この仕組みを大まかに説明すると、とても分厚いガラス皮膜をレジン皮膜というので守っているという仕組みです。

3層構造
※イメージ画像

一見すごいよさそうに見えるこの仕組みですが、ガラス皮膜自体は水シミにかなり弱い為、レジン皮膜が弱ったり剥がれてくるとガラス皮膜が出てきてしまいますので、水シミが付きやすくなってしまうという弱点がありました。

もちろんすぐにはレジン皮膜は取れたりはしませんが、それでも保管状況が悪ければ、半年くらいで水シミがかなり付着してしまっている。。。という車も実際にはあります。

ですが、この『EXキーパーコーティング』の場合はこの下の部分のガラス皮膜も撥水効果と水シミ効果を持っていると書いてあります。

もしそうだとすると、確かにダブルダイヤモンドキーパー以上のコーティングでもおかしくないな!と納得はできます。

ただ、まだ実際に施工された一般の方も少なく、施工が開始され始めて間もない為、私自身も見てみないとハッキリと断言できません。

個人的にはかなりキーパーコーティングはおすすめさせてもらっているので期待通りの性能である事を願いたいです。

価格

ではEXキーパーコーティングの性能や特徴を書いてきましたが、一番気になるのは『お値段』ではないでしょうか?笑

私もかなり最初は気になりましたので早速書いていきます!

EXキーパーコーティングの価格表

 

価格表が画像で分かりやすいものがあったのでそのまま貼りました。

これを見てもらうと、分かるのですが想像通りかなりいいお値段します。笑

ダブルダイヤモンドキーパーと比べるとちょうど1.5倍の値段位です(‘Д’)

ちなみに『EXキーパーコーティングプレミアム』というのもありこちらは更に価格があがります。

EXキーパーコーティングプレミアム 価格表

 

こちらは元祖トップコーティングである、ダブルダイヤモンドキーパープレミアムが入れ替わったといった感じですね。
値段も単品のEXキーパーコーティングから更に1.5倍になっておりかなり高額です。

ですが、いろんな細部までコーティングをしてもらえるので、隅々まできれいにしたい!という方にはとても喜ばれます。

EXキーパーコーティングをやるうえでのメリット・デメリット

ではこの新しい、EXキーパーコーティングをする上でのメリット・デメリットをまとめていこうと思います。

メリット

ではまずはメリットから書いていきます。

  1. 皮膜がとても厚くなる為、ツヤがとんでもなく出る。

    まずはこれです。
    元祖最上位コーティングである、ダブルダイヤモンドキーパー以上の皮膜であると記載がある為、ツヤがかなり出ます。実際にダブルダイヤモンドキーパーを施工していた私ですが、ダブルダイヤモンドキーパーを施工した後のツヤはかなりすごかったです(‘ω’)!

    それ以上に出ると思うとかなりのメリットだと思います。

  2.  汚れや水シミがとても付きにくくなる。 

    上記で述べた様に、EXキーパーコーティングは皮膜自体がとても厚く、さらにはガラス皮膜自体も撥水性能、水シミ耐性がある為、ダブルダイヤモンドキーパーと比べてもかなり汚れにくくなります。もちろん、きちんと手入れが前提条件ではありますが、このEXキーパーコーティングを施工するだけでとても愛車がキレイに保てると思います。

  3.  6年間耐久 

    一度、施工をしてしまえば2年に一度のメンテナンスで6年耐久になります。
    その為、1年単位で見た場合ではとても高額!という訳ではありません。

デメリット

では続いてデメリットを挙げていきたいと思います。

  1. 価格がとても高額 

    まずはこれに尽きると思います。
    いくら性能がいいからと言え、軽自動車サイズのコーティングでも約12万円します。
    これはポンポン出せる金額ではありませんし、ましてや結婚等をされている方は奥さんの許しを得るのがとても難しいと思います・・・。笑

  2. 今現在では施工できる店舗がとても少ない

    これもかなり大きなデメリットかと思います。
    4月1日から公に公開されていますので、まだ施工できる店舗は限られています。今の現状であればキーパーLABOやほんとに一部のガソリンスタンドでないと施工できません。

    その為、このEXキーパーコーティングをやりたい!と思っても自宅の周辺には全く施工できる店舗がないというパターンも考えられます。

  3. 販売開始間もない為、レビューなどもほとんど存在しない。 

    これもなかなか大きな問題だと思います。
    基本今までのキーパーコーティングであれば、レビューや感想などは調べればかなりの量が出てきますが、今の段階ではEXキーパーコーティングの記事もほとんどありません。その為、判断基準が無く、余計に施工するのを躊躇してしまうと思います。

【まとめ】このEXキーパーコーティングは施工するべき?

では長々とこの新商品である『EXキーパーコーティング』について記事を書いてきました。

そして、元・コーティングマン視点から見てこのEXキーパーコーティングは施工するべきなのか?と気になる方が多いと思います。

なので私の意見を言わせていただくと、このEXキーパーコーティングは

施工するべき!

と考えます。

ただ厳密には、ケースバイケースです。

何故ケースバイケースかと言いますと、上記の通りまだ正確に情報が掴めていませんし、感想やレビュー数などもかなり乏しいです。

ですが、「自分の車を徹底的にきれいに乗りたい!」という方でダイヤモンドキーパーかダブルダイヤモンドキーパーの施工を考えられている方にはかなりおすすめだと思います。

そしてEXキーパーコーティングには興味があるけどどうしようかな?と迷われてる方に限っては、焦って施工をせずに数か月待って実際にレビュー等が増えてきた段階で判断するのがいいと思います。

 

今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ツイッターもしていますので、何かコーティングで分からない事や記事にしてほしい事がある方はフォローをぜひお願い致します!

ABOUT ME
koto
元・激務のコーティング店副店長。 コーティングを愛し、コーティングに愛された男。笑 自分が今まで経験してきたことを紹介しようと思ってブログ始めました('Д') 主に洗車の知識をメインに書いて行こうと思いますので是非よろしくお願いします! またツイッターもしていますので是非フォローしてください(..) アニメやゲームが好きで特にジョジョは大好きです。 黄金のような[夢]にかけよう 基本ポンコツですがよろしくお願いします('ω')