洗車

洗車用水切りワイパーはコレがおすすめ!口コミ評価の高い人気商品を厳選ラインナップ

男性
男性
洗車時の拭き取り作業がラクになるように水切りワイパーを購入しようと思っていますが、種類がたくさんあってどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

実際の使用感がわかれば選びやすくなるのですが・・・。

koto
koto
確かに、カー用品店などに行くと様々な形状の水切りワイパーが並んでいますよね。

そこで今回は、数ある水切りワイパーの中から自分に合った使いやすいものを選ぶために知っておきたいポイントと、実際に使った人からの口コミ評価が特に高い商品を厳選してご紹介します。

ぜひ参考にして、あなただけのベストパートナーを見つけてください!

使いやすい洗車用ワイパーを選ぶポイント

洗車用に使われている水切りワイパーには、各部の大きさや形状にかなりのバリエーションがあります。使いやすさを重視して洗車用ワイパーを選ぶなら、自分の体や手の大きさに合わせたり、愛車のサイズを考慮したりするのが大切です。

拭き取り作業を短時間で済ませられるように効率化するには、特に以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

持ち手の形状によって作業効率が大きく変わる

洗車用ワイパーを選ぶときには、持ち手の形状に着目するのがポイントです。

持ち手が自分の手に合っているかどうかで負担がかなり違い、疲れ方もだいぶ変わるでしょう。使いやすさにも直結するので、作業効率も大きく異なります。

手が小さめで腕力にあまり自信がない人は、大きいサイズで厚みのあるワイパーを使うと疲れて大変になりがちです。作業中にワイパーを落としてしまって車を傷つけたり、ワイパーが破損したりするリスクもあります。

一方、体格が大きくて腕っぷしにも自信がある人は、大きめの方が効率良く水切りができるでしょう。

持ち手の形状やワイパーの重さは実際に持ってみて比較するのが安全策です。できればカー用品店などに行って実物を手に取ってみましょう。

ハイルーフ車は幅広orロングタイプが便利

車高が高いハイルーフ車を洗おうと考えているときには、洗車用ワイパーは幅広タイプかロングタイプを選ぶのがポイントです。

ワイパー部分が大きければ一気に広い面の水切りができますが、小さいと作業量が多くなってしまいます。柄が短いタイプの水切りワイパーではルーフの真ん中あたりまで届かず、何度も脚立に昇ったり降りたりして作業をすることになってしまうでしょう。

柄が長いロングタイプなら同じ場所から広範囲の水切りができるので、効率が上がります。

ハイルーフ車の場合にも細かい部分があるので、幅広のワイパーでは水を切りにくい場合もあります。ボディ全体は大きめのワイパーで行い、細かい部分はクロスで拭き取るといった使い分けをするのが合理的です。

【定番】口コミ評価が高い人気の水切りワイパー

多くの人が満足して使っているなら、安心感があるでしょう。

水切りワイパーの中でも、定番で人気があるものはどれなのでしょうか。ここでは口コミ評価を参考にして、多くのユーザーから高評価を得ている洗車用ワイパーを選び出しました。

口コミについても合わせて紹介するので、自分や愛車に合っている水切りワイパーを選び出す参考にしてみて下さい。

カーピカネット 高機能水切りワイパー

(出典:Amazon

カーピカネットの「高機能水切りワイパー」は、プロからの人気が高い逸品です。

大事な愛車を傷つけずにスピーディーに水切りを行えるように設計されているのが特徴で、軽量で柔らかいシリコン素材でできています。幅広の設計になっているので、大きな車でも簡単に水切りできるのも魅力です。

シリコンは柔軟性があるため、細かいところにも届かせることができます。カーピカネットの高機能水切りワイパーはプロが毎日使っている現場で2年以上使っていても汚れもほとんど付かず、水切りの性能低下もあまり見られないという評価もあります。

耐久性の高さも考えるとコストパフォーマンスが高く、普段から丁寧に洗車をしている人にとって魅力的な水切りワイパーです。

口コミ①
口コミ①
すごい!エスティマサイズの拭き取り作業がクロスを一度も絞らずに終わった!
(カーピカネット公式サイトより抜粋)
口コミ②
口コミ②
コレを使うと水滴をどんどん切ってくれる。一振りすればワイパーに付いた水滴も切れて、次の作業に進めるので楽々と洗車が終わる。 わずかに残った水滴や細かい所をウエスで拭くだけなので、拭きあげがホント楽になった。
(カーピカネット公式サイトより抜粋)
サイズ重さ:140g
素材シリコン
価格2,526円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://www.carpika.net/products/wiper/

ソーアップ 洗車水きり ダブルブレードワイパー

(出典:Amazon

ソーアップの「洗車水切りダブルブレードワイパー」は二枚刃になっていて水切り効率が高いのが特徴です。この設計の魅力から多くのユーザーがいて、口コミ評価もたくさん寄せられています。

持ち手はABS樹脂でしっかりとしていますが、ワイパーはシリコンなので車体を傷つける心配もほとんどありません。約30cmのワイパーなので小回りが利き、効率良く水切りができます。

ダブルブレードワイパーの口コミで多いのは、完璧な水の切れ具合です。仕上げの拭き取りのときに「タオルを絞らずともできそうだ」という声もあるほど、きれいに水滴を落とすことができる優秀な水切りワイパーです。

ワイパーできっちり水切りをしたい人にとって、二枚刃の効果の大きさは注目すべきポイントでしょう。

口コミ①
口コミ①
想像以上に良かったです。ボディに傷付いたりしそうだなと思い、付いても目立たなそうな白い車を洗った所ちゃんと洗った後なら大丈夫そうでした。
また思ったよりルーフ部の凸凹とかにも変型しながら対応してくれたのでルーフの水切れもなかなか良かったです。これでざっくり水切りすればタオルも絞らず終えるかもしれません。値段も安かったのでコスパは今のところ良いと感じています。
(Amazonより抜粋)
口コミ②
口コミ②
洗車後の水滴がルーフとボンネットに多く残るので、これを取るのに本品購入しました。先にこれで拭っておけばその後の拭き上げでタオルがほぼ濡れずに済み、拭き上げ時間もかなり短縮しますよ。このワイパー自体がボディに傷をつけることもありません。
(Amazonより抜粋)
サイズ全長:30㎝/幅:8㎝/厚さ:4.5㎝/重さ:210g
素材グリップ:ABS/ブレード:シリコン
価格1,073円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://www.so-up.co.jp/potential/

大型車やハイルーフ車におすすめの水切りワイパー

大型車やハイルーフ車の場合には、拭き取り面が広いので幅広タイプがおすすめと紹介しました。他にも持ち手が長いタイプや伸縮式で長く伸ばせる水切りワイパーも使いやすくて便利です。

大型車やハイルーフ車向けの水切りワイパーをピックアップしたので、それぞれについてユーザーの口コミと商品の特徴をチェックしてみましょう。

ソフト99 マックスウォッシュ ロング水切りワイパー

(出典:Amazon

ソフト99の「マックスウォッシュロング水切りワイパー」は、長さが60cmあるワイドタイプです。

しなやかで弾力がある天然ゴムをワイパー部分に使用しているので、コーティングをしてある車でもコーティングが剥がれるリスクがあまりありません。ワイパーにグリップが直結しているので、手元で細かいところの水滴も落とせます。手元で扱うには幅が広すぎず、使いやすいことで定評があります。

マックスウォッシュロング水切りワイパーの口コミには、いわゆる「車に付いているワイパー」と同じ感覚という表現があります。ディーラーがその車のために設計したワイパーが取り付けられていることを考えると、同等の性能があるとなればこれ以上の賛辞はないでしょう。

口コミ①
口コミ①
わかりやすく言えばフロントガラスのワイパーのような感じ。撫でるようにして水滴を落としてくれるので、拭くときの絞る手間が格段と楽になった。夏はすぐに水滴がウォータースポットに変わるから、作業性の向上はホントに助かる
(Amazonより抜粋)
口コミ②
口コミ②
思っていたより、大変よかった。特に、長さのわりに軽い点が、特にいい。
(Amazonより抜粋)
サイズ全長:60㎝/奥行き:4㎝/幅:10㎝/高さ:10㎝/重さ:290g
素材グリップ部:PVC・EVA/ゴム部:天然ゴム/ストラップ:PP
価格2,140円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://www.soft99.co.jp

プロスタッフ 洗車&水切りワイパー キリンの首


(出典:Amazon

プロスタッフの手掛ける洗車&水切りワイパー「キリンの首」は一人二役で嬉しい洗車アイテムです。

マイクロファイバースポンジとシリコン製の水切りワイパーを兼ねている設計になっていて、一本あれば洗いも仕上げも済ませられます。

伸縮性の柄は145cmまで伸びるので遠いところまで簡単に拭き上げられるという点が口コミでも評判です。柄には7段階で曲げられる関節も取り付けられているので、洗車台の上から隅々まで洗いも水切りもできるでしょう。

さらにキリンの首はヘッド部分を取り外せる仕様になっているので、手元で細かいところまで水滴を落とすことができます。一人二役どころか三役以上の価値があるのが、プロスタッフのキリンの首の魅力です。

口コミ①
口コミ①
角度がつけられるので(柄がボディに当たらないので)安心できていい。
(楽天市場より抜粋)
口コミ②
口コミ②
片側は滑らかなシリコンワイパーがあるのでルーフの水もズバズバ切れるから爽快ですよ。こちらはヘッド部(キリンの頭の部分)を外してボンネットや側面にも使えるので何かと便利なアイテムです。
(みんカラより抜粋)
サイズ高さ:67.5㎝/幅:12.7㎝/奥行:6.7㎝/重さ:480g
素材マイクロファイバー・シリコン
価格2,558円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://prostaff-jp.com/

トラックショップナカムラ 洗車カースワイパーロング 75〜130cm伸縮可能

(出典:楽天市場

トラックショップナカムラの「洗車カースワイパーロング」は伸縮自在の洗車用ワイパーで、ワイパー部分が20cmという小型になっていることから小回りが利きます。ワイパーとスポンジが表裏に取り付けられているので、一本で洗車を終えることができます。

使用されている特殊繊維は汚れを除去する能力が高く、口コミでも高く評価されているポイントです。ガラス面に残っている虫あとは落ちにくくて苦労しがちですが、洗車カースワイパーロングなら簡単にきれいにできるでしょう。

ステッキ部分がアルミ製なので軽くて取り回しが良い点も人気があります。価格も1000円以下なのでお値打ち商品を選びたいと思っている人にも魅力的な水切りワイパーです。

口コミ①
口コミ①
今回、初めて車のフロントガラス用に購入しました。アルミ製?のため、とっても軽くて使っていても負担になりません。水もバッチリ切れたので、その後のタオルでの空拭きがラク~に終わりました!使いやすい上に、安くて長持ちしそうなので、購入して本当によかったです!
(楽天市場より抜粋)
口コミ②
口コミ②
フロントガラスの虫の汚れ取りに購入しました。普通の洗車ブラシではピンポイントに力が入らず除去するまで時間がかかりましたが、この商品はgoodです。たいへん重宝しております。
(楽天市場より抜粋)
サイズ約74cm(ステッキ部分収縮時)
素材スポンジ:ラバー/ステッキ:アルミ製
価格880円(楽天市場調べ)
公式サイト

【1000円以下】価格が安い洗車用水切りワイパー

洗車に使う水切りワイパーは「とりあえず機能すれば十分」という人もいるでしょう。とにかく価格が安くてコストパフォーマンス重視にしたいという人向けに、1000円以下で購入できる安い水切りワイパーも揃えました。

安くてもきちんと機能するものを選んであるので、それぞれのおすすめポイントを口コミと合わせて見ていきましょう

ガレージゼロ 水切りワイパー 水切りブレード

(出典:Amazon

ガレージゼロの「水切りワイパー(水切りブレード)」は、シンプルな設計で低価格ながらも取り回しが良いので人気があります。

ワイパー部分にぐっと握りやすいハンドルが取り付けられている設計で、車にワイパーが触れる様子をよく感じ取りながら水切り作業を行えます。

幅は30cmなので小回りが利く分、大きな車の水切りをするにはかなりの労力が必要になるので注意が必要です。水切りの性能については口コミでは賛否両論ですが、「クロスでの拭き上げ前に使うと楽になる」という点では評価が共通しています。

「いつも拭き上げのときに大変で苦労していたから、とりあえず使える水切りワイパーが欲しい」というときにはガレージゼロの製品を無難な候補にできます。

口コミ①
口コミ①
巾が狭いのでガラス面にはなんとか使えるもののボディーはボンネット位しか使えなかった自分の車の屋根はスリットガラス入っているのでほぼ使えない、使うのならガラス面だけかも?気になるボディーへの使用ですがキズにはならないようですが使わない方がいいのではないでしょうか最後はマイクロファイバータオルで拭き取るのがベストだと思う。
(Amazonより抜粋)
口コミ②
口コミ②
問題無し。雨天走行.洗車後これをするかしないかでは(だいぶ違う)車をいつも奇麗に維持するには良い商品だと思う。すべてこれだけで水滴の除去はどの車もデザイン上、無理があるが、水滴除去後に軽く拭き上げれば〇です購入は正解。
(Amazonより抜粋)
サイズ長さ:30㎝/幅:9㎝/厚さ:2㎝/重さ:140g
素材PP/TPR
価格604円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://www.garage-zero.co.jp/

SOFT99 水切り クリーンワイパー 黒 04006

(出典:Amazon

SOFT99の「水切りクリーンワイパー」は、コストパフォーマンスの高さで定評がある水切りワイパーです。

水切りクリーンワイパーの特徴はハンドルとワイパーがレール上で接続されていて、スライドさせることでリーチを変えられる点です。ワイパーの長さが16cmの小型製品なので水切りできる範囲が狭いのが不安になりがちですが、16cmの柄とスライド機能を使えばかなり広く水切りができます。

細かな設計が優れていることで評判が良く、安くても弾力性が高い天然ゴムのワイパーを取り付けているなど、高い評価を受けているポイントもたくさんあります。

小さいので大型車には向かないのは確かですが、普通車クラスであれば水切りクリーンワイパーがあればかなり水切りの作業負担を軽減させられるでしょう。

口コミ①
口コミ①
旧型を使ってもう20年以上。まだまだ使えるが、今回新型の新品にしました。

取っ手がスライドするのが、旧とは大きく異なるところ。車の反対側に回らずとも、届くので作業がより早く出来るようになった。またゴム部分の高さも旧品より高くなって拭き取りやすい。

それと、新品だけに弾力性が高い。極端に寝かせて使わない限り、樹脂部がボディに触れる事はない。旧型でも20年間で、そんな事は一度もなかった。青空駐車でワックスが効いていると雨などが乾きにくい。

出掛ける前にサッと拭けて便利だ。弱点は最後に水を切ろうと振ると、取っ手がスライドしてしまう事だ。無意識にこれを続けると、取っ手付け根部分が破損するだろう。取っ手とブレード部を両方持ちながら振れば大丈夫だろう。
(Amazonより抜粋)

口コミ②
口コミ②
セルフ洗車は洗う時より拭くのが大変でかなり面倒でした。
これを使えば凹凸部分いがいは全てこれでほとんどの水滴を取り除くことができるので拭き仕上げの時間と手間が半分以下になります。

凸凹部分や溝などはタオルを使いますがほとんど無いのでタオルを絞る事なく洗車完了。使いやすいし耐久性もあると感じました。
私はセダン車ですが、ミニバンなど大きい車に乗っている人ほど効率改善が実感できると思います。
(Amazonより抜粋)

サイズ幅:3㎝/ 柄長さ:16㎝/ワイパー長さ: 16㎝/重さ:350g
素材APS/PP/天然ゴム
価格429円(Amazon場調べ)
公式サイトhttps://www.soft99.co.jp/

プロスタッフ ウインドらくとり二刀流

(出典:Amazon

プロスタッフの「ウインドらくとり二刀流」は、スポンジ面と水切り面が裏表に取り付けられている、まさに二刀流の洗車アイテムです。

冬の降雪が多い地域のユーザーから特に評判が高いのが、ウインドらくとり二刀流の特徴でしょう。雪かきにも使える丈夫さを持っているからです。

メッシュ付きのスポンジ面は落ちにくい汚れもきれいにできる力があり、水切り面には弾力のある天然ゴムを使用しています。ユーザーからの口コミでも評判が良く、クロスによる拭き上げの手間がかなり減ったという評価が目立っています。

この価格で二刀流という点でもウインドらくとり二刀流はコストパフォーマンスが高い逸品で、安い水切りワイパーの中で一番だったという声も上がっています。

口コミ①
口コミ①
他の商品に比べて、高価でしたが、レビューを信じて購入。車(タクシー)の洗車時にいつも使用しています。水切り抜群。タオルでのからぶきほとんど必要なし。洗車の手間が減りました。気に入ってます。
(楽天市場より抜粋)
口コミ②
口コミ②
冬場はどうしても若干硬く感じましたが、総体的に水切りタッチが凄く良いし、水のキレも良い!柔らかさも適度で今まで何個が使って来ましたがコレが一番性能良いしコスパが高い!お勧めです!
(楽天市場より抜粋)
サイズ高さ:49cm/幅:20.5cm/奥行:85cm /重さ:284g
素材柄部:アルミ・ポリプロピレン/ヘッド部:ABS/スポンジ部:ポリウレタンフォーム/ブレード部:天然ゴム
価格427円(楽天市場調べ)
公式サイトhttps://prostaff-jp.com/

プロスタッフ P121 ポリマーメンテナンス シリコンワイパー

(出典:Amazon

プロスタッフの「ポリマーメンテナンスシリコンワイパー」は、ソフトタッチで車のコーティングを傷つける心配もないシリコンワイパーを採用している低価格な製品です。

グリップ部分が85度もの方向に動かせる仕様になっていて、ワイパーの幅も20cm弱あることから汎用性が高いでしょう。可動式のグリップでは力加減がわからなくなりがちですが、シリコン製でボディを傷つけにくいワイパーにすることでユーザーの不安をなくせる設計にしてあります。

また、滑りがなめらかで使用感が良い点でも人気がある水切りワイパーです。「使っていて楽しい」という口コミもあるので、今まで水切りワイパーにあまり良いイメージを持っていなかったなら試しにこの商品を使ってみましょう。

口コミ①
口コミ①
タオルだけだとものすごく時間がかかる拭き取りもこのワイパーを洗い流した水でびしゃびしゃのボディに使うと短時間で拭き取りが終わります。作りもしっかりしてるし、何より楽しい。
(Amazonより抜粋)
口コミ②
口コミ②
個人的な使用感だが、ブレードの厚み、柔らかさ、水切れどの商品よりも良い。ブレード部分と柄の部分が首振り様に可動式になっているのがさらに良い。
しかし、数年使用すると水平・直角の可動で直角は半固定できるのだが可動部の摩耗により直角が固定できなくなり水平直角がくにゃくにゃになる。
今は接着剤で可動部を直角に固定して使用している。
しかし数年使用しているが、驚くことにブレードの性能はほぼ低下していない。
それにしても、家用、風呂掃除用、会社用、今後の予備合わせて今回で4個目の購入である笑
(Amazonより抜粋)
サイズ高さ:49.4cm/幅:19.2cm/奥行:2.2cm
素材フレーム・グリップ部:ABS樹脂/ブレード部:シリコン
価格777円(Amazon調べ)
公式サイトhttps://prostaff-jp.com/

洗車用水切りワイパーと一緒に使いたいおすすめクロス

洗車には水切りワイパーがあると拭き上げが簡単になるのは確かです。ただ、水切りワイパーで仕上げにしてしまっては水垢や汚れが残ってしまうので、最後はきっちりクロスで拭き上げるのが大切です。

水切りワイパーで完全に水分をなくそうとしても途方もない時間がかかるので、さっと水切りワイパーで水を落としてクロスで仕上げるのが、元洗車マンとしてはおすすめできます。

洗車用水切りワイパーと一緒に使うのにおすすめなのがKeePerクロスです。耐久性と吸水性が高くて柔らかな生地なのが特徴で、愛車を労わりながら効率よく拭き上げることができます。

マイクロファイバー製で水を切った後に乾くのも早く、使い勝手が良いクロスなので洗車用に用意しておきましょう。

以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

手洗い洗車に役立つ!便利な洗車グッズおすすめ5選! 手洗い洗車に役立つ!便利な洗車道具おすすめ5選! では実際に自分が今まで手洗い洗車で使っていておすすめな洗車グッズを紹介し...

まとめ

洗車の完成度を左右する拭き上げを効率良く進めるには、洗車用ワイパーがとても役に立ちます。自分と車に合っている洗車用ワイパーを選べば、きっと作業時間も短くなって仕上がりももっと満足できるようになるでしょう。

ここに挙げたワイパーから最適なものを選んでみて下さい。拭き上げの最後に欠かせないクロスも一緒に準備して、スムーズに洗車できるようにしましょう。