車関連

凍結防止カバー(シート)のおすすめランキング10選【フロントガラスが凍るのを防ぐ便利グッズ】

男性

早く家を出ないといけないのに、フロントガラスが凍結していると溶けるまで時間がかかってしまいます。
あらかじめ対策するために、凍結防止カバーを購入しようかと思っているのですが、何を重視して選べば良いのか分かりません。
おすすめの商品はありますか?

koto

凍結防止カバーには、サイズはもちろん、固定方法や機能面が異なる商品がたくさんあります。
その中から選ぶとなると迷ってしまう人は多いので、まずは凍結防止カバーの選び方を伝授しますね。
その後で凍結防止カバーのおすすめ商品をランキングで紹介していきます。
愛車にぴったりの凍結防止カバーを見つけて、悩ましい冬を乗り切りましょう!

凍結防止カバー(シート)の選び方

凍結防止カバーには様々な種類があるので、これから紹介する4つのポイントを重視して選ぶのがおすすめです。

ポイントを抑えた上で、自分の生活スタイルに合った凍結防止カバーを選ぶようにしましょう。

フロントガラスのサイズに合うか

凍結防止カバーを選ぶ上で一番大切なのが、愛車のフロントガラスのサイズに合うかどうかです。

サイズが合わなければ、隙間から冷気が入ってしまい、完全に凍結を防止できなくなってしまう可能性があります。

フロントガラスの目安

  • 軽自動車:約縦103cm×横139cm
  • 大型SUV・ミニバン:約縦106cm×横148cm

このように普通車や軽自動車などのサイズの違いはもちろん、メーカーや車種によってもサイズが異なるので注意しましょう。

メジャーなどで事前に測っておくのがおすすめですよ。

盗難防止ができる固定方法か

凍結防止カバーと聞くと、フロントガラスに外からつけるので「すぐ盗まれてしまうのでは?」「風で飛ばされてしまわないか心配…」と思う人が多いですよね。

凍結防止カバーはしっかり固定できるように工夫されており、ドアに挟むタイプ・サイドミラーやタイヤに引っ掛けるタイプ、磁石で固定するタイプなどがあります。

その中でも1番盗難防止効果が高いのがドアに挟むタイプです。

ドアに挟むので車のキーがないと外せませんし、車内で連結させてからドアに挟む紐付きのタイプならより効果的です。

夏場も使用できるタイプであるか

凍結防止カバーなので、冬場しか使えないと思っている人も多いですが、夏場も使えるタイプがあります。

遮光カバーとして利用することはもちろん、UVカット機能があれば車内の日焼けを防げるでしょう。

近年は夏場の気温が上昇傾向にあるため、カバーをつけているのとつけていないのとでは車内の温度差がかなりあります。

凍結防止カバーを買うなら、夏場も活躍するものを購入した方が一石二鳥でお得ですよね。

機能面が充実しているか

サイズ・固定方法・年中使用可能かをチェックしたら、あわせて機能面にも注目してみてください。

凍結防止カバーには、収納袋がついているものや反射材付きのものがあります。

収納袋がついていれば、「雪で濡れてしまったからそのまま車に置いておくのはちょっと…」という人でも車内を濡らさずにまとめておけますよね。

また、雪が降っていると視界が狭まりますし、夜間は暗いので車の位置を把握しづらくなります。

反射材がついていれば、目立ちやすくなり衝突防止にも役立つでしょう。

凍結防止カバー(シート)のおすすめランキング10選

凍結防止カバーを選ぶときのポイントが分かったら、次は実際にどんな商品があるのかみていきましょう。

ここでは、厳選したおすすめの凍結防止カバーをランキング形式で紹介していきます。

1位:BEEWAY カーフロントガラスカバー

凍結防止カバーの中でもイチオシな商品は『BEEWAY カーフロントガラスカバー』です。

PEVAアルミホイル、スパンレース綿、複合綿と柔らかい非織布裏地の4層構造となっているので、厚みがある凍結防止カバーとなっています。

またサイズも大型のため、フロントガラスをしっかり凍結から守るのと同時に、愛車のワイパーエリアにゴミや葉っぱが入るのを阻止してくれます。

おすすめポイント
  • 4層構造で耐久性抜群
  • 大型サイズ(2サイズ)
  • 夏も冬も利用可能
  • 盗難防止ドアフラップで安心

BEEWAY カーフロントガラスカバーのサイズは、標準サイズ(142cm×92cm)と大きいサイズ(147cm×100cm)の2種類があります。

147cm×100cmサイズはトラックなどにも利用できるので、大きいサイズの凍結防止カバーが欲しい人にはとてもおすすめです。

そして、夏は紫外線を約99%遮断し、冬は-50℃の気温に耐えることができるカバーなので、夏も冬も利用可能です。

気になる固定方法ですが、ドアに挟むタイプなので盗難防止効果はもちろん、フロントガラスにしっかりフィットするので強風にも負けません。

また、水・摩擦・熱にも強いので、凍結を防止するだけでなくありとあらゆる場面で愛車を守ってくれますよ。

商品情報
価格標準:¥1,999(Amazon調べ)
大きいサイズ:¥2,199(Amazon調べ)
サイズ標準:142cm×92cm
大きいサイズ:147cm×100cm
固定方法ドアに挟む
おすすめ度

2位:Winglos フロントカバー

Winglosフロントカバーは、全面をしっかり保護しつつ、凍結防止をしたい人におすすめの商品です。

Winglosの製品は、99%の車両に対応できるようにSとLの2サイズあります。

そのため、軽自動車・SUV・普通車・小型トラック・SUVトラックなどに対応可能です。

おすすめポイント
  • 独自のデザインでミラーとワイパーを保護
  • 撥水加工・雨漏れ防止・凍結&積雪対策
  • 取り付けが簡単なのに盗難防止が可能
  • 年中活用可能

凍結防止カバーにはフロントガラスのみを守るタイプのものが多いですが、ミラーやワイパー周りに積雪すると、毎回雪を落とすのが大変ですよね。

Winglos フロントカバーなら、ミラーもワイパー周りも全て覆うことができるので、雪や雨からの損傷を防いでくれますよ。

また、ミラーカバーには反射材がついているので、夜間の視認性を向上してくれるでしょう。

そしてPEVAアルミ箔・水刺不織布・保温性のある綿・PE不織布の厚手四重構造になっているため、水切れが良く防寒性や凍結防止効果が期待できます。

さらに99%UVカットで紫外線対策もできるので、夏場も利用できるというメリットもありますよ。

取り付けもサイドミラーに鏡保護カバーをかけて、固定用耳をドアに挟むだけで簡単にできます。

盗難防止もできて、ミラーやワイパーも覆うことができるので最高ですよね。

商品情報
価格Sサイズ:¥1,980(Amazon調べ)
Lサイズ:¥2,080(Amazon調べ)
サイズSサイズ:183cmx147cmx120cm
Lサイズ:190cm×157cm×126cm
固定方法ドアに挟む・サイドミラー・磁石
おすすめ度

3位:VersionTECH カーフロントカバー

VersionTECH カーフロントカバーは、盗難防止効果がとても優れている商品です。

サイドミラーとタイヤに固定しつつ、ドアに挟むタイプの凍結防止カバーとなっています。

さらに、車内でバックルを連結させることで、外から引っ張っても抜けないので安全です。

おすすめポイント
  • 盗難防止のために設計されている
  • 四層構造で耐久性あり
  • 年中活用可能
  • コンパクト収納

VersionTECH カーフロントカバーは四層構造なので、厚みがあって傷つきにくいだけでなく、防水・断熱効果も期待できます。

また、冬場の積雪や霜を落とす作業から開放されるだけでなく、99%UVカット&内装劣化対策も備わっているので、夏の日除け対策にも大活躍すること間違いなしです。

収納ポケットもついているため、折り畳んでコンパクトに収納することができ、スペースを取りません。

商品情報
価格¥1,760(Amazon調べ)
サイズ約152cm×124cm
固定方法ドアに挟む・バックル(車内・ミラー・タイヤ)
おすすめ度

4位:PONATTENO 車用スノーカバー

PONATTENO 車用スノーカバーは、前後に伸縮性のあるゴムベルトが入っているため、一般乗用車から人気のSUVまで、幅広い車種に対応している凍結防止カバーです。

収納袋がついているため、コンパクトに折り畳んでいつでも車に常備しておけます。

おすすめポイント
  • 四層構造の断熱素材
  • 取り外しが簡単
  • 四季兼用で365日利用可能

PONATTENO 車用スノーカバーの特徴は、四層構造の断熱素材を使っていることです。

燃えにくいので、タバコなどの火で燃え広がるのを防止してくれます。

また、100%完全防水でUVカット機能も備わっているので、夏場は紫外線から車内環境を快適に保ってくれますよ。

そして「凍結防止カバーが欲しいけど取り外しが面倒…」という人もこの商品なら安心です。

金属製弾性フックを車輪にかけるだけなので、簡単に取り付けが完了します。

商品情報
価格¥2,380(Amazon調べ)
サイズ約230cm×約175cm
固定方法タイヤに引っ掛ける
おすすめ度

5位:GuLuGuLu フロントガラス 凍結防止シート

GuLuGuLu フロントガラス 凍結防止シートは、3ステップで取り付けが簡単に完了する商品です。

表面素材は優れた防水性能があるので、雪はもちろん、水にも強く鳥糞も弾きます。

また、クッション性がある素材なので、ピクニックマット・クッションなどにも利用できますよ。

おすすめポイント
  • 内蔵磁石5枚で強力付着
  • 鏡保護カバー付き
  • ドアに挟んで盗難防止

GuLuGuLu フロントガラス 凍結防止シートは、5枚の強力磁石が内蔵されています。

そのため、しっかり固定することができ強風にも強く、壊れやすいワイパーも保護してくれます。

「磁石で大切な愛車に傷がつくのが嫌…」という人も、高品質の磁石がカバーの中に入っているので安心ですよ。

さらに鏡保護カバーがついているので、ミラーの積雪も防いでくれます

磁石も鏡保護もついていますが、ドアに挟むタイプなので盗難防止もばっちりです。

商品情報
価格Sサイズ:¥2,588(Amazon調べ)
Lサイズ:¥2,688(Amazon調べ)
サイズSサイズ:180cmx144cmx117cm
Lサイズ:193cmx128cmx157cm
固定方法ドアに挟む・サイドミラー・磁石
おすすめ度

6位:FEIKI 車用凍結防止カバー・シート

FEIKI 車用凍結防止カバー・シートは、耐久性・防水性・断熱性のある素材を使っています。

また、防火性難燃綿を使用しているため、保温性が高く防火性能にも優れています。

おすすめポイント
  • 全ての車に適応
  • 多機能で四季兼用可能

FEIKI 車用凍結防止カバー・シートは、先述したように様々な性能を持っています。

そのため、夏場の強い日差しや紫外線、雨・雪・氷・霜・ほこり・落ち葉・花びら・鳥糞から大切な愛車を守ってくれます。

また、サイズが大きいのでほとんどの軽自動車、セダン・ミニバン・SUVなど全ての車に適応しています。

サイズが分からない」という人でも安心ですね。

商品情報
価格¥2,099(Amazon調べ)
サイズ193cm×157cm×126cm
固定方法ドアに挟む
おすすめ度

7位:QcoQce フロントカバー

QcoQce フロントカバーは、四層構造で良質の素材を使用した凍結防止カバーとなっています。

PEアルミ箔・パンチコットン・シルクコットン・不織布素材の四層構造です。

燃えにくい・水や雪で濡らさない・傷つきにくいといった特徴があります。

おすすめポイント
  • 強風・盗難防止に効果的
  • コンパクト収納で便利

QcoQce フロントカバーは、バックミラー防風ロープ・盗難防止の固定用の耳・吹き飛ばされ防止の磁石内蔵と『三重保護』で愛車を守ります。

これだけ保護されていると「取り付けが面倒では?」と感じますが、取り付けも簡単なので心配いりません。

折り畳み時は『252mm×351mm』とiPadほどの大きさなので、コンパクトに収納することができます。

商品情報
価格標準サイズ:¥2,680(Amazon調べ)
Sサイズ:¥2,480(Amazon調べ)
Lサイズ:¥2,580(Amazon調べ)
サイズ標準サイズ:190cm×157cm×126cm
Sサイズ:193cm×141cm×118cm
Lサイズ:195cm×143cm×125cm
固定方法ドアに挟む・ミラー・磁石
おすすめ度

8位:MOTAIN カーフロントカバー

MOTAIN カーフロントカバーは、フロントガラスを覆う面積を30%アップした『進級加長型』となっています。

そのため、フロントガラスやワイパーをすっぽりと覆って、雪からしっかり守ってくれる凍結防止カバーです。

おすすめポイント
  • 1枚で四季汎用できる
  • 盗難防止に優れている

凍結防止はもちろん、夏場は紫外線に強く車内が高温になるのも防いでくれます。

他にもピクニックパッドや座布団としても使用できるので、アウトドアが好きな人におすすめです。

ドアに挟んでサイドミラーに引っ掛けて、磁石でしっかり固定するので、盗難防止効果も期待できますよ。

商品情報
価格¥1,499(Amazon調べ)
サイズ183cm×166cm
固定方法ドアに挟む・ミラー・磁石
おすすめ度

9位:weeklly 厚手 カーフロントカバー

weeklly 厚手 カーフロントカバーは、655円とかなりお手頃価格の凍結防止カバーとなっています。

その分サイズが140cm×70cmと小さく、フロントガラスのみの凍結防止となっているため、サイドミラーやワイパーの保護はできません。

おすすめポイント
  • サイズが小さく持ち運びしやすい
  • 夏場も手軽に使用できる

先程、フロントガラスのみの凍結防止とお伝えしてデメリットに感じた人もいるでしょう。

しかし、サイズが小さいのはデメリットばかりではありません。

その分他の凍結防止カバーと比べてコンパクトで持ち運びがしやすいというメリットがあります。

また、紫外線保護に有効なので、夏場もお出かけのたびにサッと取り出せるので便利ですね。

商品情報
価格¥655(Amazon調べ)
サイズ140cm×70cm
固定方法ドアに挟む
おすすめ度

10位:KMMIN 凍結防止カバー カーフロントカバー

KMMIN 凍結防止カバー カーフロントカバーは、薄い素材の凍結防止カバーとなっています。

「ドアの隙間から水が入らないか心配でカバーの購入を躊躇している」という人には向いているでしょう。

おすすめポイント
  • リバーシブルで年中使用可能
  • サイズが大きい

黒とシルバーのリバーシブルタイプのカバーなので、季節問わず利用しやすいです。

紫外線から愛車を守ってくれるので、夏場も大活躍してくれますよ。

サイズは大きいので、軽自動車だけでなく、ソリオ・エクストレイル・デミオ・トラックSUVなどほとんど普通車に対応しています。

商品情報
価格¥1,309(Amazon調べ)
サイズ215cm×125cm
固定方法ドアに挟む・磁石
おすすめ度

【Q&A】凍結防止カバー(シート)のよくある質問

凍結防止カバーのランキングを見てきて、「これってどうなの?」「使い方が知りたい!」と思った人もいるでしょう。

そんな疑問を解決するために、凍結防止カバーのよくある質問に回答してみました。

凍結防止カバー(シート)のメリットとデメリットは?

凍結防止カバーの最大のメリットは、フロントガラスが凍らないので、早めに暖房をつけたりするといった手間がかかりません。

長いと約10分ほどかかるので、急いている時には大変ですよね。

凍結防止カバーをセッティングしておけば、外すだけですぐに出発できるのでメリットになります。

ただし、溶けるのを待つ時間をなくせても、取り付ける手間がかかるのがデメリットです。

しかし、紹介してきた凍結防止カバーは比較的簡単に取り付けられるので、凍結してしまうよりも何倍も良いでしょう。

凍結防止カバー(シート)の代用品はありますか?

凍結防止カバーの代用品には、新聞紙・タオル・緩衝材(プチプチ)・段ボールなどがあります。

費用をかけずに凍結対策ができるので、急な代用などには良いかもしれませんが、あまりおすすめしません。

なぜなら、風対策をしっかり行わないと飛ばされたり外れたりして、車に傷がついてしまう可能性があるからです。

飛ばされたら周囲にも迷惑をかけてしまうので、はじめから凍結防止カバーを購入するのがおすすめです。

どのメーカー、どの車種でも使えますか?

どのメーカー・車種でも使えますが、フロントガラスのサイズは異なるため、愛車に合った凍結防止シートを選びましょう。

使い方は簡単ですか?

使い方はとても簡単です。

ドアに挟む・サイドミラーに引っ掛ける・磁石・タイヤに引っ掛けるなど様々なタイプがありますが、どれも2分程で取り付けられます。

取り外した後も、折り畳んで収納するものがほとんどなのでかなり便利ですよ。

どこで売っていますか?

カー用品を販売している店舗にも置いてありますが、ネットなら簡単に購入できます。

Amazon・楽天などで売っているので、自宅にいながらゲットできるので便利です。

フロントガラスの内側も凍結防止できますか?

凍結防止カバーは基本的にフロントガラスの外側を保護してくれますが、実は内側も守ってくれます。

凍結防止カバーをするのとしないのとでは大きな差がありますよ。

それでもフロントガラスの内側の凍結が気になる方は、遠隔操作ができるリモコンエンジンスターターを使うのも良いでしょう。

フロントガラスが凍結する条件は?

フロントガラスの凍結は、昼間に温められた地面の熱が夜間に上空に放出されることで、気温が急激に低下することで起こります。

この現象を『放射冷却』と言います。

特に冬は気温がかなり低いため、空気中の水蒸気が夜間で冷えて凍ってしまいます。

この水蒸気がフロントガラスに降って凍るので、凍結してしまうのですね。

フロントガラスが凍結してしまった場合はどうしたらいい?

フロントガラスが凍結してしまった時は、エンジンをかけて暖房で車内を暖めましょう。

その際にフロントガラス部分に温風が吹き出す『デフロスター』を利用すると、約10分程で溶けます。

ただし、急いでいる場合は氷を削り落とすアイススクレーパーを併用すると簡単かつ素早く凍結を除去できますよ。

まとめ

凍結防止カバーを選ぶ際には、サイズ・固定方法・夏場の使用・機能面を重視して選ぶようにしましょう。

特にサイズと固定方法は、凍結から愛車を守る上でとても大切ですよ。

凍結防止カバーのおすすめランキングを紹介してきましたが、「10位まであって上手く比較できない!」という人もいるでしょう。

そんな方のために一覧を用意したので、凍結防止カバーを選ぶ際の参考にしてくださいね。

商品名価格
(Amazon)
タイプこんな人に
おすすめ
【1位】BEEWAY
カーフロントガラスカバー
標準:¥1,999
大きいサイズ:¥2,199
ドアに挟む素材や固定方法を重視したい人
【2位】Winglos
フロントカバー
Sサイズ:¥1,980
Lサイズ:¥2,080
ドアに挟む・サイドミラー・磁石全面をしっかり保護したい人
【3位】VersionTECH
カーフロントカバー
¥1,760ドアに挟む・バックル(車内・ミラー・タイヤ)徹底的に盗難防止をしたい人
【4位】PONATTENO
車用スノーカバー
¥2,380タイヤに引っ掛ける手軽に取り外したい人
【5位】GuLuGuLu
フロントガラス 凍結防止シート
Sサイズ:¥2,588
Lサイズ:¥2,688
ドアに挟む・サイドミラー・磁石愛車を傷つけずにしっかりカバーしたい人
【6位】FEIKI
車用凍結防止カバー・シート
¥2,099ドアに挟むサイズがよく分からない人
【7位】QcoQce
フロントカバー
標準サイズ:¥2,680
Sサイズ:¥2,480
Lサイズ:¥2,580
ドアに挟む・ミラー・磁石コンパクトに収納したい人
【8位】MOTAIN
カーフロントカバー
¥1,499ドアに挟む・ミラー・磁石ワイパーも凍結防止したい人
【9位】weeklly
厚手 カーフロントカバー
¥655ドアに挟む安さにこだわりたい人
【10位】KMMIN
凍結防止カバー カーフロントカバー
¥1,309ドアに挟む・磁石大きいサイズを求めている人
koto

以下の記事もあわせて読んでみてくださいね。

プロが厳選!洗車グッズ&洗車道具のおすすめ46選【2021年最新版】元コーティング屋のプロが『絶対に買うべき洗車グッズ』をご紹介します。その他にも様々な悩みに対応したアイテムを厳選しました。...
車内の清掃グッズおすすめ18選!セルフ掃除派の必須アイテム大公開車内を清掃するなら、専用グッズを用意しておくとより効率的かつキレイに仕上がります。本記事では、元洗車マンおすすめの車内清掃グッズを厳選してご紹介しています。愛車を清潔にして、快適なドライブを楽しみましょう!...

☆洗車グッズはAmazonでチェック☆

ポイントを貯めてお得に買い物!
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品