ワックス

タイヤワックスは塗った方がいい?種類や塗り方のコツ。

男性
男性
タイヤワックスって結構塗ってる人を見るのですが、タイヤワックスは塗る意味がありますか?
また塗りすぎたら逆にタイヤが傷むと聞きますけど、どうなんですか?
koto
koto
タイヤワックスをよく塗ってる方は確かに結構見ますよね。
タイヤワックスは塗る頻度などによってかなりタイヤにはいいので、タイヤワックスの事を詳しく書いて行こうと思います。

タイヤワックスは塗った方がいい?種類や塗り方のコツ。

では本題です。
タイヤワックスは塗り方や塗る頻度によってはかなり、タイヤの持ちやツヤを出したりしてくれるものなので、きちんとした知識でタイヤワックスを塗りたいですよね。

まずはタイヤワックスの種類が大きく分けて2種類あるのでそちらを紹介していきます。

水性ワックスの特徴

タイヤの水性ワックスとは、シリコンを水に溶かして作ったタイヤ専用ワックスの事を言います。
水性ワックスはいくつも種類がありますが、共通して言えるのがとにかくタイヤに優しいワックスという点です。

タイヤはそもそも唯一と言っていい地面に接地している部品です。
その分ボディ等と比べたら劣化が早いです。
なので水性のタイヤワックスを塗ってあげていると、ある程度、劣化が防げるのでその分長持ちします。

ですが水性ワックスでもいい事もあればデメリットもあります。

まずはタイヤに優しい成分の為、どうしても値段が油性に比べると多少高くなってしまいます。
またみずみずしい為、塗る際に少しコツがいります。

そして油性と比べた時にはツヤ感が出にくい為、思ったほどワックス効果が体感できず、水にも弱い為、雨が続くと効果がすぐ無くなってしまう恐れがあります。

水性ワックスは、スポンジに付けて塗るタイプもあればスプレーもあるので、好みで溶剤を選んで買えばいいと思います。

水性ワックスの特徴まとめ
  • シリコンを水に溶かしてるタイヤ専用ワックス
  • 水性ワックスはいずれもとにかくタイヤに優しい
  • タイヤの劣化を防ぐ
  • 油性ワックスと比べると多少高い
  • みずみずしい為、塗る際に少しコツがいる
  • 油性と比べると、ツヤ感が少なく、思ったほどワックス効果を体感できない
  • 水に弱い為、雨が続くとすぐ効果が無くなる可能性がある

油性ワックスの特徴

タイヤの油性ワックスは、シリコンを石油系溶剤に溶かして作ったタイヤ専用ワックスの事を言います。
そして油性ワックス最大の特徴が雨に強いという点です。

その為、雨が長く続く梅雨でも、常にタイヤがぴかぴかしています。

また水性ワックスと比べて、ツヤがすごく出る為、一度塗ると新品のタイヤの様な輝きになります。

ですがやはりその分デメリットもあります。

まず一番のデメリットはタイヤにダメージを与えてしまいます。
これはどういったダメージというと、油性のタイヤワックスを塗っているとひび割れがかなり起きやすくなります。
なのでタイヤの寿命を少なからず減らしてしまいます。


※タイヤひび割れイメージ

油性ワックスの特徴まとめ
  • 雨にとても強い
  • 値段が安い
  • ツヤが凄まじい為、ワックスの効果を実感できる
  • タイヤにダメージを与えてしまい、ひび割れを引き起こす

効果的なタイヤワックス施工方法

ボディのコーティングと同じように、タイヤワックスもやり方次第で、その性能を最大限に発揮する事が出来ます。

タイヤをキレイに洗ってから塗る

これはあたり前と言えば当たり前かも知れませんが、タイヤをキレイにしてからタイヤワックスを施工する方がよりキレイに施工できます。

汚れが付いていると、ムラになったりします。
なのでまず、タイヤワックスを塗る前はきちんとタイヤをキレイに洗ってから塗りましょう!

koto
koto
ちなみにタイヤワックスは絶対ホイールに塗ってはいけませんよ!
たまに塗られてる方を見ますが、あくまでタイヤワックスはタイヤ用なので!

タイヤワックスを塗ってからタオルでふき取る

この行動をされてる方はなかなか見ませんが、タイヤワックスを塗り終わった後に、タオルで軽く一周拭くだけでかなり違ってきます。

まず基本はタイヤワックスは多めに付いてしまうので、多めに付いた溶剤をタオルがふき取ってくれます。
そして、タオルで拭き取ることにより、あまり付いていなかったところにも溶剤が行き渡る為、ムラになるのを防いでくれます。

ちなみにタイヤワックスが付き過ぎた状態でそのまま走ってしまうとボディにそのまま飛んで行って、ボディが大変なことになってしまいます。笑

koto
koto
ここでの注意点は、タオルは必ずタイヤワックス用とボディ用とで分けて使う事です。

タイヤワックスを塗るのは一か月に一度位がちょうどいいです。

これは水性でも油性でもどちらにも言える事ですが、結局キレイにしたいからと塗りすぎてもタイヤを傷めつけるだけです。

特に油性の場合は毎日塗ってたりすると、とんでもなくすぐにタイヤにひびが入ってきます。笑

その為、タイヤワックスを塗ってから、一か月後くらいにタイヤを見て、ツヤが無くなって、汚れてきてたら再度、タイヤワックスを塗ってあげましょう。

水性の場合は2週間に一回でもいい気はしますが、タイヤにダメージをあまり与えたくない方は1か月に一度くらいにしてあげましょう。

タイヤワックスは結局、水性と油性はどっちを使うべき?

ここまでの記事を読んできてなんとなく分かった方もおられると思いますが、タイヤワックスを使うなら、

水性を使いましょう!

理由は簡単で水性の方が、タイヤにとても優しいからです。

もちろん油性が悪いというわけではありませんが、どうしてもタイヤの寿命の事を考えると水性がいいですよね。
タイヤの寿命を縮めてまで、キレイにしたい方もそこまでいないと思いますし。笑
しかもタイヤを新品で買おうと思うとかなり高いですよね(‘ω’)

また最近では、油性を売ってない店舗さんがあったりする位です。

なので、どうしても常にタイヤをツヤツヤさせたい以外の方は水性ワックスを使うのを強くオススメします。

まとめ

  • タイヤワックスは大きく分けて2種類あり、「水性」「油性」に分けられる
  • 水性ワックスはとにかくタイヤに優しいのが特徴で水には弱い
  • 油性ワックスはタイヤにダメージを与えてしまうが、水にはとても強く、ツヤもかなり出る
  • タイヤワックスを最大限に活かす為に、「タイヤをキレイに洗ってから施工する」「タイヤワックスを塗った後にタオルで拭き取る」「一か月に一度施工の施工」
  • タイヤワックスは結局、水性ワックスを使うのをオススメします

今回の記事は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

もし洗車の事でよく分からない事等あれば気軽にTwitterからお問い合わせ下さい!!

また上か下のボタンよりいいね!やシェアをして頂けると今後の励みになりますので是非よろしくお願い致します( ´ ` )

ABOUT ME
koto
元・激務のコーティング店副店長。 コーティングを愛し、コーティングに愛された男。笑 自分が今まで経験してきたことを紹介しようと思ってブログ始めました('Д') 主に洗車の知識をメインに書いて行こうと思いますので是非よろしくお願いします! またツイッターもしていますので是非フォローしてください(..) アニメやゲームが好きで特にジョジョは大好きです。 黄金のような[夢]にかけよう 基本ポンコツですがよろしくお願いします('ω')