コーティング

親水コーティングの教科書【元コーティング屋がわかりやすく解説!】

男性
男性
車のコーティング剤は色々な種類がありますが、仕上がりにこだわるなら親水性のタイプがいいと聞きました。
実際に使ってみたいのですが、後悔するのはイヤなので、親水コーティングのことをもっと詳しく知りたいです!
koto
koto
確かに親水コーティングがいいと言われても、具体的にどこがいいのかわからないですよね。そこで今回は、親水コーティング特徴やメリット・デメリットを、元コーティング屋がどこよりも詳しく解説します!

親水コーティングの特徴


親水コーティングとは、車のボディを守るコーティング剤の種類の一つです。その特徴は、ボディに付着した水を弾くのではなく「馴染ませる」形で車体を守るという点にあります。

車のボディに対するコーティングといえば、雨水などの水滴が丸い水玉のような形になって弾いてくれるものというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、親水コーティングの場合は、コーティング直後であっても水滴を水玉のように弾くのではなく、車体表面に馴染ませ流れ落ちやすい状態を作っていきます

そんな親水コーティングのメリットは「水を弾くタイプのコーティングと比べウォータースポットなどができにくい」こと、反対にデメリットは「雨の日などにコーティングが作用しているのかどうか目で見て判断しにくい」ことです。

親水コーティングのメリットは?


車体のコーティングをする際に親水コーティングを選ぶメリットとして「車体を美しく守ることができる」という点が挙げられます。

ボディを美しく保つためには、水をしっかりと弾く撥水コーティングの方が良いと考える人もいるでしょう。しかし、手軽にきれいな状態を保ちたいのであれば、親水コーティングのほうがおすすめです。

車体の汚れの原因は、埃や黄砂だけとは限りません。

  • 雨水
  • 洗車の際の拭き残し

など、水が原因でボディに汚れが付着するケースも意外に多いのです。

この水の汚れを引き起こしやすいのが、ボディの表面にできた水滴です。

ボディの表面の水滴は、そのまま流れ落ちていくだけだと思うかもしれませんが、実際は流れ落ちないまま車体の表面に残り、そのまま乾燥してしまうことも少なくありません。流れ落ちてしまえば問題ない水滴ですが、その場で乾燥すれば、水垢のような汚れとなって残ってしまうのです。

こうした水が原因の汚れを解消したい場合は、水が馴染む親水コーティングを選んでおくと良いでしょう。

手入れがしやすい

車体に水が馴染む親水性のコーティング剤を使うと、ボディについた水は水滴となって留まることなく、そのまま流れ落ちていきます。その場で乾かずに流れてしまえば、シミのようなウォータースポットなどができにくくなります。

普段からイオンデポジットやウォータースポットができにくい状態が続けば、そのぶん洗車の手間や回数を減らすことが可能です。

水垢というのは、一度付着してしまうと簡単には落ちないことも多いものです。イオンデジポットやウォータースポット自体が付きにくい状態を保つことができれば、洗車の際に表面に付着した汚れを落としていくだけで、きれいな車体を取り戻すことができます。

ウォータースポットなどが目立ちやすい黒っぽい色の車でも、親水コーティングを選んでおけば、簡単な洗車で美しいボディをキープできるようになるでしょう。

注意しておきたい、イオンデポジットとウォータースポットの違い車を手入れする時に水シミや雨シミが気になったことはありませんか?今回は水シミや雨染みと関係が深いイオンデポジットやウォータスポットの事をメインで書かさせていただきました。あまりこの単語を聞いたことない方などや車をキレイに保ちたい方は必見の内容ですので是非ご覧ください。...

セルフクリーニング効果が高い

親水コーティングのもう一つの特徴は、セルフクリーニング効果の高さです。

親水コーティングをすると水垢などが残りにくいだけでなく、雨が降ったときにはボディ表面を伝って流れ落ちる水と一緒に汚れも落としてくれます

屋根や壁がなく、汚れが付着しやすい屋外駐車場に置いている車なら、親水コーティングをしておけば雨が降る度に汚れが落ちていくことになります。

もちろん親水コーティングをしておけばそれだけで洗車いらずになるというわけではありませんが、汚れの付着が少なくなれば洗車の回数を減らしたり、1回の洗車の時間を短くすることが可能です。

屋外に車を置いていることが多いという人は、ぜひ親水コーティングの活用を考えてみてください。

青空駐車で車をキレイに保つにはコーティングが必須なのか? 青空駐車で車をキレイに保つにはコーティングが必須なのか? 僕個人は青空駐車の場合はコーティングは必須だと思っていますが、 ...

親水コーティングのデメリットは?


一方、親水コーティングのデメリットは「コーティングをしている実感が湧きにくい」ことです。

水をしっかりと弾き、ボディにいくつもの水玉が転がるような車体を見て、コーティング力を実感する人は少なくありません。

水を弾くタイプの撥水コーティングの場合は、水玉ができていることでコーティング力を確認することができます。それに対して親水コーティングは、コーティング直後であっても表面についた水はボディに馴染み、車体を伝って流れ落ちていくため、撥水コーティングのように目で見て効果を実感しにくいのです。

親水コーティングに慣れない間は、本当にコーティングされているのか、ボディを守っているのか不安を感じることもあるでしょう。

しかし、一見わかりづらくても、多くの場合はコーティングの効果がしっかりと出ています。正しくコーティングされていれば、洗車の際にその効果や恩恵を実感することができるはずです。

ツヤが出づらい

洗車をラクにしてくれる親水コーティングですが、水を弾かない状態を作るため、撥水コーティングをした場合と比べると車体のツヤは少なめになります。

コーティングの魅力は、車体にツヤを出せることと考える人も多いでしょう。ツヤにこだわるなら親水コーティングよりも撥水コーティングの方がおすすめです。

ただ、親水コーティングを選ぶとまったくツヤがなくなってしまうのかというと、決してそうではありません。撥水コーティングと比べると若干ツヤが少なくなる程度で、ツヤ消し状態になってしまうというわけではないので、ツヤが欲しい人も安心して使えます。

先述のとおり、親水コーティングは撥水コーティングよりもセルフクリーニング効果が高いため、こまめに洗車をしなくてもツヤを保ちやすいというメリットもあります。

汚れが溜まりやすい

親水コーティングのデメリットの一つが、汚れが付着しやすいことです。

水をしっかりと弾く撥水コーティングは、水滴だけでなく汚れまで弾きやすいという特徴があります。それに対し、水が馴染む親水コーティングは汚れが付着し、そのまま残ってしまうのです。

ただ、溜まった汚れも雨が降ったり水をかけたりすれば、その大半は自然と流れ落ちていくことになります。適度に雨が降っている状態であれば、青空駐車場に置いたままであっても、きれいな状態を保つことができるでしょう。

汚れの状態によっては、雨だけでは対応できないことがあります。汚れが目立ってきているという実感がある時は、早めの洗車を心がけましょう。

親水コーティングに向いている車両は?


続いては、親水コーティングに適している車をご紹介していきます。

大切な車のボディを美しく保つためには、コーティング剤選びも重要なポイントの一つとなります。ただコーティングをしておけば良いと考えるのではなく、自分の愛車には撥水コーティングが合うのか、それとも親水コーティングが合うのかをよく検討することが大切です。

洗車を楽にしてくれるなど様々なメリットがある親水コーティングですが、

  • 車体の色
  • 車の置き場所
  • 車の主な用途

などによっては、それほどメリットを感じないかもしれません。水を馴染ませるメリットがないのであれば、撥水コーティングを選んだほうが車を美しく保てる場合もあるでしょう。

それだけに親水コーティングは、車体の色や乗り方などを考慮したうえで、その恩恵を受けることができるかどうかをきちんと見極めて選ぶ必要があるのです。

グレー・濃色系車両

親水コーティングが向いている車両は、グレーや黒系など濃い色の車両です。

黒やグレーなど濃色系の車体の表面に水玉が転がる光景は、それだけで美しく見えるものです。しかし、イオンデジポットやウォータースポットができてしまうと、どうしても白っぽいシミが目立ってしまいます。

少し雨が降っただけでもウォータースポットが目立つ状態になれば、こまめな洗車が必要になるうえにシミを落とす手間もかかることになります。

そのため、水垢などが目立ちやすい色の車に乗っているのであれば、親水コーティングを選んでおくと良いでしょう。親水性のコーティングを選んでおけば、雨が降る度に濃色ならではのツヤを蘇らせる効果も期待できます。

反対に白っぽい車は親水コーティングに向いていないのかというと、そうではありません。車両の色に関わらず、車の置き場所や乗り方によっては親水コーティングを選んだ方が良いケースもあります。

屋外駐車の車両


普段から屋外駐車場に置いている車にも親水コーティングが適しています。

屋根がなく雨風に晒される屋外駐車場に停めている車には、埃や黄砂などの汚れが付着しやすいものです。頻繁に洗車をしているのであれば問題ありませんが、車に乗るのは週末程度、洗車も滅多にしないという人もいるでしょう。

その場合は、雨の日にボディ表面の汚れを洗い流してくれる親水コーティングがおすすめです。親水性のコーティング剤を選ぶだけで、屋外に置いたままの状態であってもきれいな車体を保てるようになります。

雨が降らない日が続けば車体に汚れが付着していくことになりますが、週に1回でも雨が降れば、洗車の手間を大幅に省くことができるでしょう。

雨が降った後でもウォータースポットなど水垢による汚れができにくいというメリットもあります。

社用車

社用車のコーティングをする際も、親水コーティングを選んでおくと良いでしょう。

趣味で乗る車の場合はまぶしいほどピカピカの車体に高評価が集まることが多いですが、仕事で使う車の場合は、ツヤがあり過ぎるよりも落ち着きのある光沢程度の方が好印象を与えやすくなります。

親水コーティングが持つメリットは、社用車でも大いに活かされます。水垢などの汚れが付着しにくく洗車がしやすいと、お客様や取引先の元に出向く時に使う車を常にきれいな状態に保っておけます。

1週間に1回洗車をするという場合であっても、水垢などの落ちにくい汚れが付着しているかどうかによって、洗車にかかる手間や時間が大きく変わることになります。

それだけに、常にきれいに保っていたい社用車は、親水コーティングがおすすめです。車体の色に関わらず親水コーティングを選んでおくことで、手入れが行き届いたきれいな車に乗っているという印象を与えられます。

親水コーティングのおすすめ施工業者は?


親水コーティングを行うには、大きく分けて二つの方法があります。

  • 業者に依頼してやってもらう
  • 市販の溶剤を購入して自分でやる

ボディコーティングをはじめて行う人や、自分でうまくできる自信がない人、できるだけ手間をかけたくないという人は、専門の業者に依頼すると良いでしょう。

プロに依頼すれば自分の愛車に合ったコーティングのタイプを選んでもらえますし、確実にきれいに仕上げてもらえます。費用はそれなりにかかることになりますが、費用対効果はかなり高いと言えるでしょう。

以下の記事では、おすすめのコーティング施工業者を地域別にご紹介しています。

https://kkouki.com/2020/09/12/coating-store-sensya/

元コーティング屋の視点で、信頼できる業者だけを厳選ピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

市販で手に入るおすすめの親水コーティング剤はあるの?


一方、愛車のことは人に任せるよりも自分でやりたいという人もいるでしょう。手間暇かけてコーティングを施せば、ますます愛着が湧きそうですね。

コーティング剤はカー用品店などに行けば手に入ります。コーティング剤の中でも、親水タイプはそれほど種類が多くありません。とはいえ、これからはじめてセルフコーティングに挑戦するという人は、どれを選ぶべきか迷ってしまうでしょう。

そんなコーティング初心者のために、以下の記事では元コーティング屋が実際に使って本当に効果を実感できた親水コーティング剤をご紹介しています。

親水性コーティングを自分でしたい方におすすめの商品!親水性のコーティングを自分でしたいけど、どの溶剤がいいんだろう?と思った事はないですか?今回は、親水性ガラスコーティングのスーパーピカピカレインを紹介します。親水性の特徴やスーパーピカピカレインの特徴を詳しく解説していますので、親水性のコーティングが気になる方は是非一度ご覧ください。...

この記事でご紹介している「スーパーピカピカレイン」は、コーティング初心者だけでなくプロのコーティングマンも愛用する商品で、ネット掲示板にも多数の口コミが寄せられています。

以下の記事ではスーパーピカピカレイン利用者のリアルな感想をまとめてご紹介していますので、購入前にぜひチェックしてみてくださいね。

スーパーピカピカレインの評判は?洗車の決定版ってホント?徹底検証します!「話題のガラスコーティング剤・スーパーピカピカレインを使ってみたいけど、本当に効果あるの?」そんなあなたのために、元コーティングマンがリアルな口コミをもとに評判を徹底検証しました。購入前にぜひ参考にしてください! ...

【プロが答えます!】親水コーティングのQ&A


親水コーティングの特徴やメリットを知っても、本当に親水コーティングを選んで良いのか疑問に思っている人もいるでしょう。

コーティング剤というのは、車のボディの見た目や今後の洗車の頻度などに大きな影響を与えるものだけに、慎重に選ぶことが大切です。

コーティングに関する「よくある質問」を見てみれば、疑問や不安を解決できるかもしれません。ここからは、親水性コーティング剤にまつわるQ&Aをご紹介していきます。

Q.親水コーティングと撥水コーティングの違いは?

親水コーティングと撥水コーティングの一番の違いは、ボディに付着した水を弾く際の角度です。

水が付着したボディを真横から見た時に、水滴が付着している角度が、

  • 90度以上:撥水性
  • 40度~90度:疎水性または滑水性
  • 40度以下:親水性

となります。

撥水の場合は車の表面に水玉状の水滴が転がる状態、疎水はポツポツと水滴が付着する状態をイメージするとわかりやすいでしょう。親水は先日したとおり、表面についた水が水滴となる前に流れ落ちる状態です。

コーティング剤の種類によって、水滴の付き方が異なるだけでなく、イオンデジポットなどのできやすさも変わってきます。そのため、コーティングをする際には種類にもこだわっておくことが大切です。

Q.親水と撥水、結局どっちがおすすめ?


親水と撥水のどちらが良いかは、車の乗り方やこだわりによって違ってきます。

美しいボディにこだわりたいという場合は、車両のツヤをしっかり引き出せる撥水コーティングを選ぶと良いでしょう。しかし、撥水性コーティングは水垢落としなどの手間が発生しやすく、洗車があまり好きでないという人はきれいなツヤを保つのが難しくなります。

洗車は面倒と感じているのであれば、イオンデジポットやウォータースポットができにくい親水コーティングがおすすめです。

全く洗車が必要ないというわけではありませんが、わざわざ水垢用のシャンプーやクリーナーなどを使わなくても、手軽に洗車を終わらせることができます。

コーティング選びで迷った時は、コーティング直後のツヤの状態だけでなく、その後の洗車のしやすさについても考えてみると良いでしょう。

コーティングの種類が多くて分かりにくい!を解決します。コーティングをしようと思った時に、種類が多くてよく分からない!となった事はないですか?コーティングの種類毎の特徴や水はじきの種類などとても分かりやすくまとめていますので、コーティングの種類が多くてよく分からない方など是非一度ご覧ください。...

Q.撥水と併用したらダメ?

同じ種類のコーティング剤であれば重ね塗りが可能ですが、撥水性の上に他のコーティング剤を塗ることはできません。撥水力によって、次に塗るコート剤を弾いて定着できない状態にしてしまうためです。

親水性の上に撥水性のコーティングなら重ね塗りや併用ができるケースもありますが、表面を撥水性にしてしまうと、親水性のメリットが失われます。さらに、複数のコーティング剤を使う場合は化学反応が起きてしまう可能性もあり得ます。

車体を美しく保つためのコーティングが原因で、ボディを傷めてしまったのでは何の意味もありません。どうしても重ね塗りや併用をしたい場合は自己判断で行うのではなく、プロと相談をしてみると良いでしょう。

Q.滑水性と併用したらダメ?

撥水性よりも、滑水性との併用の方が現実的と言えるでしょう。しかし、併用できる可能性があったとしても、重ね塗りなどをすることでメリットが増えるとは限りません。

水が付着する角度や落ち方、さらにツヤの出方は、表面に塗ったコーティング剤の影響を受けることになります。重ね塗りや併用によって、コーティング自体の強度が増すことはあっても、それ以上の効果はあまり期待できません。

効果自体が上乗せされないのであれば、無理に違う種類のコーティング剤を組み合わせるよりも、同じ種類を重ね付けして強度アップを目指す方が効果的と言えるでしょう。どうしても併用したい場合は、化学反応などが起きないか注意してくださいね。

コーティング、ワックスの重ね塗りは効果なし!?重ね塗りの正しい知識 コーティング、ワックスの重ね塗りは効果なし!?重ね塗りの正しい知識 そもそも重ね塗りとは? ではそもそも重ね塗りって何?...

まとめ


車のボディを美しく保つためには、水滴が転がるような撥水コーティングがベストだと考える人も多いでしょう。撥水コーティングは、美しいツヤを生み出すため、見た目にこだわりたい時に最適です。ただ、長い目で見ると、洗車がしやすい親水コーティングの方が良いこともあります。

  • 普段なかなか洗車をしない
  • 洗車の手間を減らしたい
  • 屋外駐車場など汚れやすい環境に車を置いている

という人は、親水コーティングの活用をおすすめします。

水を弾かず、車体に馴染ませて流れ落とす親水コーティングは、コーティング効果を実感しにくいかもしれません。しかし、雨が降ったり洗車をしたりする度に、本当の実力を感じることになるでしょう。