車関連

車用のシートカバーおすすめランキング14選!夏向けや冬向けの商品も紹介!

男性

気分転換に車の内装を変えたいので、まずはシートカバーを購入しようと思っています。
しかし、車用シートカバーには様々なデザインがあるし、素材もそれぞれなのでどの商品を購入したら良いのか分かりません。

koto

確かに車用シートカバーは、おしゃれなものから機能性に優れたものまで、たくさん商品があるので悩んでしまいますよね。
車用シートカバーを購入する際は、選び方を把握して、自分に合った商品を探してみるのがおすすめですよ。
今回の記事では、車用シートカバーの選び方やおすすめの商品ランキングを紹介していきます。

この記事でわかること
  1. 車用シートカバーの選び方
  2. 車用シートカバーのおすすめランキング5選【汎用タイプ】
  3. 車用シートカバーのおすすめランキング5選【夏向け】
  4. 車用シートカバーのおすすめランキング4選【冬向け】
  5. 【Q&A】車用シートカバーのよくある質問
  6. まとめ

車用シートカバーの選び方

車用シートカバーを選ぶ際には、下記の3つのポイントを意識するようにしましょう。

  • 用途に合わせたタイプで選ぶ
  • 生地の素材で選ぶ
  • 機能性で選ぶ

ここでは、「なぜ3つのポイントを意識すべきか」その理由を詳しく紹介していきます。

用途に合わせたタイプで選ぶ

車用シートカバーを選ぶときは、用途に合わせたタイプで選ぶことが大切です。

車用シートカバーには、『車種専用タイプ』と『汎用タイプ』があります。

車種専用タイプは、車のシートに合わせてぴったり合うように作られているため、シートにフィットしてズレにくいです。

まるでシートを張り替えたように綺麗に取り付けることができるので、車内全体に統一感がでます。

デメリットは車種に合わせて作られているので、価格が高いことです。

また、装着に時間がかかるケースが多いですね。

おしゃれにぴったり装着したいのであれば車種専用タイプの車用シートを探してみてください。

反対に、汎用タイプは幅広い車種に対応しており、被せるだけだったりゴムや紐で固定するだけだったりと取り付けも簡単です。

また、コスパも良いので、比較的安価な車用シートが欲しいなら汎用タイプを選びましょう。

生地の素材で選ぶ

生地の素材をチェックすることも、車用シートカバーを選ぶ際に重要なポイントです。

車用シートカバーの生地素材には、ファブリック製・合成皮革・本革など様々な種類があります。

衛生面を考えるなら丸洗いが可能なファブリック製がおすすめです。

しかし、水分が染み込みやすいので、車内で飲み物を飲んだりする場合は防水加工のある商品を選ぶようにしましょう。

合成皮革は、本革に比べてリーズナブルで、水や汚れに強くお手入れが簡単です。

通気性が悪いのがデメリットなので、湿気に弱く、雨の日などはベタつきを感じてしまうことがあります。

本革は高級感があるだけでなく、耐久性に優れています。

さらに、使い込むほど味がでてきて、自分だけのシートを作り上げることができますよ。

機能性で選ぶ

タイプ・素材を決めたら、用途に合わせて機能性もみていきましょう。

車用シートカバーには、『撥水防水加工・パンチング加工・ファン内蔵・耐熱性』などの機能が備わっている商品があります。

  • 撥水防水加工:水分が染み込みにくいため海や川などのアウトドアにも最適
  • パンチング加工:風通しがよく通気性がある
  • ファン内蔵:シートから送風してくれて暑さ対策ができる
  • 耐熱性:熱に強く燃えにくい

このようにたくさん機能がついているので、自分にはどの機能が必要かを見極めて選んでみてくださいね。

車用シートカバーのおすすめランキング5選【汎用タイプ】

車用シートカバーの選び方が分かったら、実際にどんな商品があるのか見比べてみましょう。

ここでは、汎用タイプの車用シートカバーのおすすめランキングを紹介していきます。

koto

夏向け・冬向けの車用シートカバーのおすすめランキングも後ほど紹介するので、最後までご覧ください。

1位:ボンフォーム 防水シートカバー ファインガード

汎用タイプの車用シートカバーの中で特におすすめな商品は、『ボンフォーム 防水シートカバー ファインガー』です。

1位に選んだ理由は、簡単に設置できて水にも強いのに、コスパが最強だからです。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • 防水生地を採用している
  • こだわりのディテールが魅力的
  • 水分を通さない

防水シートカバーなので、傷や汚れに強く、水滴がシートに染み込むのを防ぎます。

水分を通さないように2層構造になっており、裏面がPCVコーティングされています。

海水浴や川遊びなど毎年アウトドアを楽しんでいるという人にもおすすめです。

また、被せるだけで簡単に装着でき、シートベルトも隠さずに安全に乗車することができるのも魅力の一つですね。

細部までしっかりこだわられた商品で、色もグレー・ブラック・カーキ・ダークブルー・ブラウン・ベージュ・白黒ギンガムチェックなど、バリエーション豊かです。

商品情報
価格¥1,094(Amazon調べ)
素材ポリエステル
機能防水加工
おすすめ度

2位:FH Group ユニバーサルフィット

次におすすめなのが『FH Group ユニバーサルフィット』です。

ツートンになっていて見た目がおしゃれで、色のバリエーションが豊富です。

色は、グレー・グリーン・ピンク・ブラック・ブルー・ミントなどがあるので、自分の好みや内装・外装に合わせて購入できます。

おすすめポイント

こちらの商品には、3つのおすすめポイントがあります。

  • 通気性に優れている
  • 取り付けが簡単
  • 洗濯機洗いが可能

非常に柔らかく高品質な生地で作られており、3mmの通気性フォームで裏打ちされているため、熱の分散を素早くさせて涼しく感じます。

マジックテープと調節可能なストラップで着用できるので、取り付けも簡単です。

汚れてしまっても、洗濯機で丸ごと洗うことができ、自然乾燥すればいつでも清潔を保てますよ

商品情報
価格¥8,014(Amazon調べ)
素材クロス
機能通気性・丸洗い可能
おすすめ度

3位:NSTILE by NAPOLEX 車用防水&撥水シートカバー

「防水・撥水加工がされている車用シートカバーが欲しい!」という人には、『NSTILE by NAPOLEX 車用防水&撥水シートカバー』がぴったり。

濡れたまま、汚れたままでも乗車できるのが最大の魅力です。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • 防水・撥水加工がされている
  • シートベルト一体型にも対応
  • 取り付けが簡単

しっかり防水・撥水加工がされているので、飲み物などをこぼしてしまった場合でもサッと拭くだけでOKです。

シートが濡れることがありません。

また、シートベルト一体型に対応していない商品も多いですが、こちらの商品なら取り付け可能です。

取り付け方もとても簡単で、まずはヘッドレスト部分にカバーを被せます。

あとは、シートにカバーを馴染ませて、後ろをベルトで止めるだけです。

アウトドアなど様々なシーンで便利に使用することができますよ。

商品情報
価格¥1,221(Amazon調べ)
素材
機能防水・撥水加工
おすすめ度

4位:ボンフォーム シートカバー 防水デオ

「防水加工はもちろんだけど、臭いが気になるから丸洗いできて抗菌防臭加工されているシートカバーが欲しい!」という人には、『ボンフォーム シートカバー 防水デオ』がおすすめです。

水・汚れ・臭いにとても強いのが特徴で、色々なシーンで便利に使用することができます。

ウエットスーツ素材を採用しているためズレにくく、めくれ上がり防止のサイドスカートもついていますよ。

おすすめポイント

こちらの商品には、3つのおすすめポイントがあります。

  • 防水・撥水加工
  • 消臭・抗菌加工
  • 丸洗いが可能

サッと拭けて水を通さない防水・撥水加工なので、子供がお菓子やジュースをこぼしても簡単に綺麗にすることができます。

さらに、消臭・抗菌加工もされているため、汗や食べかすの臭いなども気になりません。

丸洗いもできるので、衛生的にも優れたシートカバーですよ。

他の商品と比べると若干金額が高いものの、それ以上の価値があります。

商品情報
価格¥1,989(Amazon調べ)
素材ウエットスーツ
機能防水撥水加工・消臭抗菌加工・丸洗い可能
おすすめ度

5位:Copap カーシートカバー

「機能性よりも内装をおしゃれに統一してテンションを上げたい!」という人は、『Copap カーシートカバー』がおすすめです。

なぜなら、エスニック風柄がおしゃれな上に、前席・後部座席を統一することができるからです。

さらにハンドルカバー・クッション枕まで同じ柄のものがついてきます。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の2点。

  • おしゃれで柄が豊富
  • 通気性に優れている

通気性の良い3mmのスポンジパットが入っており、熱を分散してくれます。

真夏で気温が高い日でも、涼しさを維持してくれるので、車内の暑さ対策にもおすすめです。

価格が高めに感じますが、セットでたくさんついてくるのでお得ですよ。

商品情報
価格¥12,610(Amazon調べ)
素材プレミアムサドルブランケット
機能通気性
おすすめ度

車用シートカバーのおすすめランキング5選【夏向け】

汎用タイプの車用シートカバーを紹介してきましたが、次は夏向けのおすすめランキングを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位:ZATOOTO カーシートカバー メッシュ式

夏向けの車用シートカバーの中で特におすすめな商品は、『ZATOOTO カーシートカバー メッシュ式』です。

1位に選んだ理由は、メッシュ素材で通気性がよく、夏でも蒸れにくく快適に乗車できるからです。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • メッシュ素材で通気性が良い
  • ズレにくい
  • 取り付けが簡単

ズレにくいというメリットがありますが、なんと取り付けも簡単です。

ゴム紐をヘッドレストに被せて、ストラップをバックレストの裏側に止めます。

単純に見えますが、乗り降りしてもズレ知らずです。

「価格が高いのでは?」と感じるかもしれないですが、2枚セットになっているのでお得ですよ。

商品情報
価格¥4,389(Amazon調べ)
素材メッシュ
機能通気性
おすすめ度

2位:LOAOL 防水シートカバー

次におすすめなのが『LOAOL 防水シートカバー』です。

商品名にもあるように、ウエットスーツ素材を使用していて、防水加工がされているので水や汚れに強いシートカバーです。

おすすめポイント

こちらの商品には、3つのおすすめポイントがあります。

  • 防水加工がされている
  • 装着が簡単にできる
  • コンパクトに収納も可能

ヘッドレスト部分にカバーを引っ掛けて、ベルトで固定するだけなので、あっという間に取り付けることができます。

さらに、くるくると丸めてバンドで留めることで、コンパクト収納もできます。

アウトドアでシートを濡らしたくない時にだけ使用するという方法もありですよ。

夏は汗もかきやすいので、防水加工があるのは嬉しいですよね。

商品情報
価格¥5,399(Amazon調べ)
素材ポリ塩化ビニル
機能防水加工
おすすめ度

3位:CAR PASS カーシートカバー

「おしゃれでメッシュ素材の車用シートカバーが欲しい!」という人には、『CAR PASS カーシートカバー』がおすすめです。

メッシュ素材の車用シートカバーには、ブラック一色というデザインが多い中で、エレガントなステッチによるサイドレスデザインがとてもおしゃれです。

ミントグリーンとピンクの2色から選ぶことができますよ。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • 防水性・放熱性・防湿性に優れている
  • 収納袋付き
  • アフターセキュリティが充実している

メッシュ素材のシートカバーなので、熱を放出して湿気が籠らないようにしてくれるので、暑い夏の日も快適に過ごすことができます。

椅子カバーの前には収納袋がついていて、スマートフォンやお財布、タオルなどを入れておくことが可能です。

そして、90日以内であれば無料返品が可能で、100%返金してもらえるという嬉しいサービス付きです。

保証も購入日から2年間あるので安心して使用できますよね。

商品情報
価格¥1,599(Amazon調べ)
素材ポリエステル・メッシュ
機能防水性・放熱性・防湿性
おすすめ度

4位:AMJPRO クールエアーカーシート

「ファン付きの車用シートカバーが欲しい!」という人にはAMJPROの『クールエアーカーシート』がおすすめですよ。

シートにファンが内蔵されていて、涼しい風を送風してくれます。

真夏は車内が冷えるまでに時間がかかるので、このシートカバーを装着しておけば涼しく乗り越えることができますよね。

おすすめポイント

こちらの商品には、3つのおすすめポイントがあります。

  • 遠心式ファン搭載
  • 風力が調整できる
  • リモコンで操作ができる

遠心式ファンが搭載されていることにより、背中とお尻が蒸れずに快適に運転ができます。

風力は『強・中・弱』といった3段階で調整することが可能です。

さらに、座席に着くと自動送風してくれて、座席から離れると自動で停止してくれます。

リモコン操作が可能で、直接座席にしまえるので、紛失などの心配もありませんね。

商品情報
価格¥6,999(Amazon調べ)
素材アイスシルク
機能ファン
おすすめ度

5位:SMARTABL 車シートクーラー

最後に紹介するのが、「メッシュ素材でファンもついていると嬉しい!」という人におすすめの『SMARTABL 車シートクーラー』です。

27枚ファンが内蔵されているので、かなり快適に体の温度を下げることができますよ。

全車種対応なのも大きなメリットです。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • 27枚のファンで涼しい風を感じられる
  • マッサージ機能付き
  • 自動モードで使用できる

ファンからの風は、背中・お尻・足元から送風されるので、体全体を瞬時に冷やすことができます。

また、マッサージ機能もついており、ドライブで疲れた体を癒してくれますよ。

自動モードで作動することも可能で、シートから離れると自動でオフになり、座ると再び使用することができます。

価格が高いのが唯一のデメリットです。

商品情報
価格¥9,299(Amazon調べ)
素材メッシュ
機能ファン
おすすめ度

車用シートカバーのおすすめランキング4選【冬向け】

次は、冬向けの車用シートカバーおすすめランキングを紹介していきます。

1位:TanYoo カーシートカバー ベロア生地

冬向けの車用シートカバーの中で特におすすめな商品は、『TanYoo カーシートカバー ベロア生地』です。

1位に選んだ理由は、ベロア生地がふわふわで暖かみがあって冬にぴったりな上に、防水加工で汚れをしっかり防いでくれるからです。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の3点。

  • 暖かみのあるベロア生地を採用
  • 防水加工が施されている
  • 強力な2層構造になっている

表面は肌触りの良いベロア生地を使用しているため、冬場にシートに座った時のひんやり感がありません。

乗った瞬間からふわふわとして暖かいのが特徴です。

生地は2層構造になっていて、裏面には防水効果のあるネオブレン素材を採用していて、水がシートに染み込まないようになっています。

冬場に雪で濡れたまま座ったり、雨が降って湿気が多い時も安心ですよね。

商品情報
価格¥3,299(Amazon調べ)
素材ベロア
機能防水加工
おすすめ度

2位:TanYoo カーシートカバー

次におすすめなのが『TanYoo カーシートカバー』です。

1位で紹介した『TanYoo カーシートカバー ベロア生地』のレトロ生地バージョンで、フロント用のシートカバーです。

おすすめポイント

こちらの商品には、3つのおすすめポイントがあります。

  • レトロな生地を採用
  • 防水加工が施されている
  • 強力な2層構造になっている

表面はレトロな生地で質感がありおしゃれで、内装も高級感がでます。

こちらの商品も2層構造となっており、裏面がPVCコーティングされているため、滑り止め効果と止水効果を発揮してくれます。

この防水加工のおかげで、水分を弾いて汚れにくくなりますし、シートが濡れるのを防いでくれます。

レトロな生地は、丈夫で耐久性にも優れているので、傷に強く長持ちしますよ。

商品情報
価格¥2,999(Amazon調べ)
素材レトロ生地
機能防水加工
おすすめ度

3位:Z-style ホワイトムートンシートカバー

「肌触りが気持ちいいシートカバーが欲しい!」という人には、『Z-style ホワイトムートンシートカバー』がおすすめです。

見た目からもわかるくらいかなりふわふわで座っているだけで暖かいですよ。

おすすめポイント

こちらの商品の具体的な特徴は以下の2点。

  • 羊毛をたっぷり使用している
  • 耐久性がある

オーストラリア産の自然の羊毛を、なんと1.5匹分使用しており、冬は暖かく夏は涼しくしてくれます。

ベルトとフックで固定するだけなので、着用方法もとても簡単です。

「毛が抜けるのでは?」と思った方もいると思いますが、裏面はクッション性のあるウレタン生地を厚生地でキルティング加工しているため、耐久性もあります。

しかし、本物の羊毛をたっぷり使用しているので、値段が高いのがデメリットです。

商品情報
価格¥17,800(Amazon調べ)
素材羊毛
機能耐久性
おすすめ度

4位:Altlue 車用ムートンカーシートカバー

「もこもこのシートカバーが欲しいけど価格が高くて悩んでいる…」という人には、Altlueの『車用ムートンカーシートカバー』がおすすめですよ。

羊毛を使っている商品は値段が高い傾向にありますが、こちらの商品は本物の羊毛を使っているにもかかわらず比較的安価で手に入ります。

おすすめポイント

こちらの商品には、2つのおすすめポイントがあります。

  • もこもこで快適
  • 耐久性がある

本物の最高級天然羊毛を100%使用しており、毛皮が厚く柔らかいので、肌触りがとても良いです。

ふわふわもこもこなので、見た目も贅沢で、冬は暖かさを保ってくれます。

耐久性にも優れているため、羊毛が抜け落ちることもありません。

色のバリエーションも豊かで、『ベージュ・ブルー・ブラウン・ピンク・オレンジ』と5色展開しているので、好きな色を探してみてくださいね。

商品情報
価格¥6,499(Amazon調べ)
素材羊毛
機能耐久性
おすすめ度

【Q&A】車用シートカバーのよくある質問

車用シートカバーのおすすめ商品を紹介してきましたが、「メリット・デメリットはあるの?」「取り付けた方は簡単かな?」と疑問が湧いてきた人もいるでしょう。

ここでは、車用シートカバーのよくある質問をまとめたので参考にしてみてください。

車用シートカバーのメリットとデメリットは?

車用シートカバーのメリットは、シートを汚れから守ってくれることです。

シートカバーは必要いらないと思っている人も多いですが、ペットを乗せたりタバコを吸ったりする場合などにもシートが汚れないので便利ですよ。

雰囲気を変えることもできますし、シートに傷がつきにくく車を売却する時には高く売れる可能性があります。

デメリットは、温度変化に弱いタイプのシートカバーや値段が高いシートカバーが多いことですね。

しかし、ランキングでおすすめを紹介してきたので、つけるかどうか悩んでいる人は検討してみてくださいね。

おしゃれでかわいい女性向けの車用シートカバーはありますか?

汎用タイプのランキング5位で紹介した『Copap カーシートカバー』が女性におすすめです。

シートカバーを取り付けるだけで車内の雰囲気が一変しますよ。

かっこいい男性向けの車用シートカバーはありますか?

汎用タイプのランキング2位で紹介した『FH Group ユニバーサルフィット』が男性におすすめです。

ツートンで色のバリエーションも豊かなので、内装に合わせてチョイスしてみてくださいね。

どこで買うのがおすすめですか?

カー用品専門店などでも購入できますが、ネットショッピングなら自宅にいながら簡単に比較することができますよ。

100均一でも販売していますか?

店舗にもよりますは、全体を覆うような車用シートカバーは販売されていません

取り付け方は簡単ですか?

ランキングで紹介した商品は汎用タイプのものなので、取り付け方法は簡単です。

被せて固定するだけの商品ばかりですよ。

車用シートカバーの代わりとして使えるものはありますか?

車用シートカバーの代わりとして、バスタオルやストールなどの布を使うことができます。

布を被せてスタイクリップなどで固定するだけなのでとても簡単です。

しかし、防水や防臭などの機能は付いていないため、あくまでも緊急用として使うことをおすすめします。

車用シートカバーは自作できますか?

車用シートカバーは手作りすることができます。

しかし、生地を購入するところから、寸法を測ったり型紙に写したりして、最後に裁縫にたどり着きます。

DIYの手間を考えると、購入する方が楽ですし、料金的にもお得かもしれませんね。

車種専用のシートカバーを購入したいのですが…

車種専用のシートカバーを購入したい場合は、ディーラーに直接相談してみると良いでしょう。

もしくは「車種名 シートカバー」でネット検索すると、取扱店舗が出てきますよ。

シートカバーが乗るたびにずれるのですが解決策はありますか?

車のシートカバー用ではありませんが、マットやカーペット用の滑り止めシール滑り止めシートを利用するとずれることが少なくなります。

価格も安く別のシーンでも使えるので、持っておいて損はないでしょう。

ただし、車のシートやカバーの素材によっては機能しない場合もあるので、購入前には注意してください。

まとめ

車用シートカバーを使用すると、汚れを防止したり、水分の浸透を防いだりなどメリットがたくさんあります。

また、夏用・冬用もあるので、季節に合わせてセッティングするのも良いですね。

おすすめの車用シートカバーを紹介してきましたが、「上手く比較できなかった」という人もいると思うので、それぞれの一覧表を用意しました。

ぜひ参考にしてみてください。

汎用タイプのおすすめ一覧は以下です。

商品名価格
(Amazon)
タイプこんな人に
おすすめ
【1位】ボンフォーム
防水シートカバー ファインガード
¥1,094ポリエステルアウトドアなどでシートを濡らしたくない人
【2位】FH Group
ユニバーサルフィット
¥8,014クロスおしゃれで洗濯機洗いできるのが欲しい人
【3位】NSTILE by NAPOLEX
車用防水&撥水シートカバー
¥1,221濡れたまま乗車したい人
【4位】ボンフォーム
シートカバー 防水デオ
¥1,989ウエットスーツ防水抗菌防臭の機能が欲しい人
【5位】Copap
カーシートカバー
¥12,610プレミアムサドルブランケットおしゃれなシートカバーが欲しい人

夏向けのおすすめ一覧は以下です。

商品名価格
(Amazon)
タイプこんな人に
おすすめ
【1位】ZATOOTO
カーシートカバー メッシュ式
¥4,389メッシュメッシュ素材のシートカバーが欲しい人
【2位】LOAOL
防水シートカバー
¥5,399ポリ塩化ビニル収納ができるタイプのシートカバーが欲しい人
【3位】CAR PASS
カーシートカバー
¥1,599ポリエステル・メッシュおしゃれでメッシュ素材のシートカバーが欲しい人
【4位】AMJPRO
クールエアーカーシート
¥6,999アイスシルクファン付きのシートカバーが欲しい人
【5位】SMARTABL
車シートクーラー
¥9,299メッシュ強力なファンが欲しい人

冬向けのおすすめ一覧は以下です。

商品名価格
(Amazon)
タイプこんな人に
おすすめ
【1位】TanYoo
カーシートカバー ベロア生地
¥3,299ベロアベロア生地のシートカバーが欲しい人
【2位】TanYoo
カーシートカバー
¥2,999レトロ生地レトロなシートカバーが欲しい人
【3位】Z-style
ホワイトムートンシートカバー
¥17,800羊毛ふわふわで暖かいシートカバーが欲しい人
【4位】Altlue
車用ムートンカーシートカバー
¥6,499羊毛安くてもこもこのシートカバーが欲しい人
koto

車用シートカバーは、特に機能面を重視するようにしましょう。
愛車に合ったシートカバーを見つけてみてくださいね。

☆洗車グッズはAmazonでチェック☆

ポイントを貯めてお得に買い物!
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品