洗車

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの評判や口コミは?静音化されたタンク式モデル

男性

SBT-512Nは評判良いですか?
買ってから後悔したくないので、忖度なしの意見が知りたいです。

koto

SBT-512Nはアイリスオーヤマの高圧洗浄機の中でも人気商品。
タンク式なので水源がなくても使えるのが魅力的です。
しかし、タンク式となると「水圧が弱そう」「高い洗浄力は見込めないのでは?」など不安や疑問を抱く人もいるでしょう。
そこで今回はSBT-512Nの評判や口コミを徹底リサーチしました。
悪い意見もあえて載せているので、公式サイトの情報よりも参考になりますよ。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512NのSNSでの評判・口コミ

早速、SBT-512Nの評判や口コミをまとめてみました。

  • タンク式だが洗浄力は高い
  • シンプルで使いやすい
  • コンパクトに収納できる
  • 洗車するのにぴったり
  • 意外と音がうるさい、しつこい汚れは除去できない、洗浄箇所を傷める可能性があるなどのデメリットもある

本文では、旧モデルのSBT-412Nや人気メーカーであるケルヒャーとの違いにも触れています。

まずはSNSの評判・口コミから見ていきましょう。

ケルヒャーよりも価格が安い

SBT-512Nの公式サイトでの販売価格は、19,580円と平均よりも若干安めです。

そのため、ケルヒャーよりもお得に買える点を評価している声がいくつか見受けられました。

J-BLASTチャンネルによると、SBT-512NはK3 サイレントの半額程度の値段で買えるとのこと。

K3 サイレントの販売価格は30,778円なので、厳密に言えば半額まではいかないものの、ケルヒャーよりも圧倒的にリーズナブルな値段で購入可能です。

とはいえ、ケルヒャーにはさまざまな機種があり、SBT-512Nよりも安いモデルもあります。

例えば、SBT-512Nと最大許容圧力が同じのK2 クラシックはわずか15,180円です。

K2 クラシックはタンク式でない・高圧ホースも5mと短め・静音設計されていないなどのデメリットがありますが、値段の安さを重視するのであれば、一度検討してみても良いでしょう。

ケルヒャーの高圧洗浄機 K2 クラシックの評判や口コミは?K2シリーズで最安値のモデル 男性 K2 クラシックの評判ってどうですか?公式サイトには良いことしか書かれていないので、ガチレビューが知りたいです。 kot...

音は意外とうるさい

高圧洗浄機選びで必ずチェックすべきポイントである稼働音。

SBT-512Nは独自設計により静音化されているのも魅力の一つです。

アイリスプラザの公式サイトによると、SBT-512Nの騒音レベルは71.5dBで、バスの車内や通常の会話程度だとか。

しかし、意外とうるさいと感じたという声もいくつかありました。

音の感じ方は人によって異なるので、必ず事前に稼働音を確認してください。
(近くに店舗がなくても、YouTube動画で検索すると出てきます。)

また、実際に利用する際には早朝や深夜などの時間帯は避けるようにしましょう。

冬の使用時は注意が必要

冬にSBT-512Nを使う場合、取り扱いに注意が必要だとの声もありました。

赤色のピーすけ[akairo piisuke]の動画によると、「気温が低いとホースやタンク内の水が凍結する可能性があるため、対策が必要」とのこと。

対策方法は取扱説明書にしっかりと記載されており、難しい工程はありません。

寒波が襲う雪国にお住まいの人は、凍結防止対策を忘れずに行いましょう。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nのショッピングサイトでの評判・口コミ

続いて、ショッピングサイトに投稿されているアイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの評判や口コミを紹介します。

シンプルで使いやすい

ベランダや届かない窓用に購入。マンションで屋外水道がないため同機を選択。
静音タイプながら音は大きいが、昼使うなら許されるかといったレベル。
つなぐ、水入れる、電源入れるの3ステップでシンプル。補水は汚れ具合によるがタンク満水でベランダ1面足り、負担にならない。

出典:Amazon

SBT-512Nはシンプルで使いやすいというレビューです。

高圧洗浄機は組み立てや準備に手間がかかる製品も多く、億劫でなかなか使用までに至らないという人もいます。

一方、SBT-512Nはバケツを上に設置するだけと組み立てが簡単

ホースやコードを繋いで、タンクに水を入れるだけと準備もすぐに終わります

そのため、高圧洗浄機を初めて使う人や機械に疎い人にもおすすめです。

電源さえあればどこでも使える

こちらの製品の使い勝手の良いところはバケツ型なところです。ケルヒャーなどでもバケツに水をためたのをホースで吸わせることも出来ますが、ホースが落ちないように工夫するのは手間です。こちらはガッチリと一体化するので楽です。
電源さえ確保できればどこでも使えるのは大きなメリットです。

出典:Amazon

SBT-512Nの最大のメリットはタンク式であること。

事前にタンクに水を汲むことで、水源のない場所でも利用することができます。

ただし、電源に繋ぐ必要はあるので要注意

電源なしでも使いたい人は、コードレスモデルのSDT-L01Nを購入すると良いでしょう。

コンパクトに収納できる

ちなみに収納する時はそのバケツの中に本体が収まるので非常にコンパクトになります写真を載せますので空気清浄機と比べています。 ただホースとノズルなどは別になるのでそれを収める袋みたいな物が付いてたら尚最高だったと思います。 それは自分で何か買って用意します笑 それでは私みたいに外に水道が無くても洗車したい人は是非参考にして下さい。

出典:Yahoo!

SBT-512Nの収納のしやすさに言及する声も多々見受けられました。

SBT-512Nのサイズは40.5×31×52.5cmと小さくはないものの、タンクの中に本体が収まるようになっているため、コンパクトに収納可能です。

しかし、こちらの口コミにもある通り、付属品は別に収納する必要があるため、別途、袋やボックスを準備する必要があります。

付属品は紛失しがちなので、本体と一緒に収納し、管理するようにしてください。

洗車にぴったり

また、洗車する時は安いカーシャンプーをキャップ1杯洗車機のバケツに入れて水を入れるだけで洗車場のシャンプー洗車の様に白く噴射されて良いです。K社の同じ様に専用のシャンプー洗車キッドを使用するとシャンプーだけ直ぐになくなります。シャンプー洗車後はバケツをすすいで水道水を入れれば良いだけ!面倒なところがたいしてないので、使い勝手最高です。

出典:Yahoo!

SBT-512Nは洗車目的として利用している人も多いようです。

洗車に適している点は以下の3つ。

  • ホースが10mと長め
  • タンクに中性洗剤を入れることができる
  • 温水も使える

基本的に高圧洗浄機には高圧ホースが付いていますが、その多くが5〜8mで不便さを感じる声が多いものです。

しかし、SBT-512Nのホースは10mもあるため、スムーズな洗車ができます。

また、タンクにカーシャンプーを入れてもOK!

簡単に泡洗車が可能です。

さらに温水も利用できるため、車の油汚れが落ちやすくなるのも嬉しいポイント。

洗車用の高圧洗浄機といっても過言ではないほど、洗車に適している製品です。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの2ch&5chの評判・口コミ

2chや5chにはアイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nに関する投稿はありませんでした。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの知恵袋の評判・口コミ

Yahoo!知恵袋に投稿されているアイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの評判や口コミを紹介します。

タンク式だけど洗浄力はそれなりにある

​​使用していますが、それなりに落ちますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

タンク式の高圧洗浄機というと、水圧が弱く、洗浄力があまりないイメージがありませんか?

しかし、SBT-512Nは最大許容圧力8.5MPaとケルヒャーの一部の機種とほぼ変わらない水圧があり、意外と洗浄力は高めです。

特に、らせん状に水を噴出するターボランスを使えば威力も強く、頑固な汚れも除去できます。

また、先述した通り、温水や中性洗剤を併用することもでき、さらに洗浄力を高めることも可能。

家庭用として利用する場合は問題なく使えるでしょう。

エアコンのしつこい汚れは除去できない

自宅の家庭用壁掛けエアコンのクリーニングをしましたが、
熱交換器のフィンの裏側に黒いホコリの玉のような汚れが残って
しまいます。
アイリスオーヤマの高圧洗浄機SBT-512Nでかなりの高圧で洗浄しているのですが、き
れいに落としきれません。

出典:Yahoo!知恵袋

SBT-512Nは洗浄力が高いという声がある一方で、汚れの種類や状態によっては除去できないという意見もありました。

こちらの口コミによると、エアコンの一部の汚れが取れなかったとのこと。

SBT-512Nはあくまでも家庭用で、全ての汚れに対応しているわけではありません

できるだけ水圧が強く洗浄力の高い製品が欲しい人は、FIN-901の方が向いています。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nのブログの体験談・レビュー

最後にブログに投稿されているアイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nの体験談やレビューを紹介します。

専用デッキブラシを使えば、水の跳ね返りが少ない

高圧洗浄機なので、綺麗になるのは当たり前なんですが、ベランダでの使用には、専用ブラシをお勧め致します。
どうしてかというと、ベランダの限られた狭いスペースでの使用なので、専用ブラシを使わないと着ている洋服の汚れが酷くて、はね返りの泥でかなり汚れました。専用ブラシを使うと、汚れた水のはね返りが少ない。
長靴を履いて使用しましたが、上着、ズボンは汚れなく作業出来ました。

出典:laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

高圧洗浄機のデメリットの一つとして挙げられるのが、水や汚れのはね返り。

強い水圧で洗浄するため、服や靴がびしょ濡れになったり、汚くなってしまうことに悩んでいる人も多いでしょう。

SBT-512Nも他の製品同様、はね返りはあるものの、デッキブラシを使うことで軽減されるようです。

専用デッキブラシは別売りで4,980円ですが、セットになっている製品もあります。

水ハネが気になる人やよりしっかりと洗浄したい人はあわせて購入すると良いでしょう。

石が欠けてしまうほど強力

・水圧が強い。石が欠けてしまうくらい強いのは想定外ですが、これだけ強ければ大抵の汚れは問題なく落ちるでしょう。汚れてる場所の強度次第ではありますけど。

出典:サラリーマンの酒ブログ

「SBT-512Nの水圧が強すぎて洗浄箇所に傷がついてしまった」という声もありました。

具体的には、水流をストレートにして一点集中で利用していた際に石が欠けてしまったとのこと。

SBT-512Nに限らず、水圧が強い製品を使うと、場所によっては削れたり欠けたりする可能性があります

特に、脆くなっている箇所や塗装が剥がれてきている箇所は要注意。

また、同じ箇所に使い続けるのも避けた方が良いでしょう。

SBT-512Nには水圧の調整ができる拡散可変ランスがあるので、様子を見ながら使うようにしてください。

SBT-412Nとは静音性やパワーが違う

大きな違いは4つ
SBT-512NとSBT-412Nの違い
・静音性の違い
・サイズ・重さの違い
・吐出圧力の違い
・吐出水量の違い

出典:Best choice

SBT-412NはSBT-512Nと同様にタンク式の高圧洗浄機です。

一見すると違いがわからないため、どちらにすべきか迷っている人もいるかと思います。

簡単な違いは以下の通りです。

機種価格静音設計高圧ホースの長さ最大許容圧力(MPa)最大吐出水量(L/h)
SBT-512N19,580円10m8.5約280
SBT-412N13,800円×5m7約290

SBT-512Nは6,000円ほど高いものの、ホースが長い・パワフル・静音設計されているなどメリットが多いのが特徴。

Best choiceの記事では、SBT-512Nをおすすめしていますが、どちらを選ぶかは人それぞれ。

特にこだわりがないという人は、価格の安いSBT-412Nでも満足できるでしょう。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nがおすすめな人

評判や口コミを見ても購入を迷っている人のために、SBT-512Nがおすすめな人とおすすめできない人をリストアップしました。

どちらにより多く当てはまるかチェックしてください。

SBT-512Nがおすすめな人は以下の通りです。

  • 水源なしで利用したい人
  • 高圧洗浄機を初めて使う人
  • 静音設計された製品が欲しい人
  • 収納のしやすさを重視する人
  • 洗車目的の人

SBT-512Nの魅力はなんといってもタンク式であること。

水源のない場所でも使えるのは大きなポイントです。

また、温水や中性洗剤も使えるので、洗車用として利用するのにうってつけ。

取り扱いもしやすいので、高圧洗浄機デビューの人にもおすすめできます。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nがおすすめできない人

以下のような人にはSBT-512Nはおすすめできません。

  • タンクに水を汲むのが面倒な人
  • コードレス製品を探している人
  • 業務用として利用したい人
  • とにかく価格の安さを重視する人
  • デザイン性の高い製品が欲しい人

タンク式でありながら洗浄力は高いと評判のSBT-512Nですが、全ての汚れに対応しているわけではありません。

そのため、業務用として使用したい人には不向きです。

また、水源は不要ですが、電源は必要です。

電源も不要な製品が欲しい人はコードレスモデルであるSDT-L01Nをおすすめします。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512Nを最安値で購入する方法

SBT-512Nは楽天かYahoo!で購入するのがおすすめ

というのも、どちらも最安値で手に入れることができるからです。

公式サイトで19,580円が13,800円からとかなりお得

旧モデルのSBT-412Nと同じ値段で手に入れることができます。

浮いたお金でデッキブラシを購入することも可能なので、ぜひ楽天かYahoo!を利用しましょう。

ショップ名価格送料保証特典(キャンペーン)
アイリスプラザ19,580円無料
※3,980円以上購入で(沖縄県・離島を除く)
1年
※メーカー保証
2年へ延長保証
※アイリスプラザ会員限定
Amazon17,480円〜
楽天
※最安値
13,800円〜
Yahoo!
※最安値
13,800円〜

※2023.1.4時点
※税込価格
※Amazon、楽天、Yahoo!は店舗によって保証や送料、特典は異なる

koto

あくまでも現時点での情報です。
いつ値上がりするかわからないので、できるだけ早めに購入しておきましょう。

洗車用の高圧洗浄機おすすめ11選【便利なコードレスタイプも紹介】洗車用の高圧洗浄機をお探しのあなたへ。元・洗車のプロが厳選した、国内外の有名メーカー7社のおすすめ製品をご紹介しています。価格も性能も納得の一台を見つけましょう! ...

☆洗車グッズはAmazonでチェック☆

ポイントを貯めてお得に買い物!
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品
頑固なウロコから解放されたい人にオススメの商品